コンセプトカー「レクサスLF-Gh」の姿明らかに【ニューヨークショー2011】

2011.04.13 自動車ニュース
コンセプトカー「レクサスLF-Gh」
コンセプトカー「レクサスLF-Gh」の姿が明らかに【ニューヨークショー2011】

【ニューヨークショー2011】コンセプトカー「レクサスLF-Gh」の姿が明らかに

トヨタ自動車は、ニューヨークオートショーに出展するコンセプトカー「レクサスLF-Gh」の新たな写真を、2011年4月13日に公表した。

既報のとおり、2011年4月20日に幕を開けるニューヨークショーへの出展が予定される「レクサスLF-Gh」。次期型「レクサスGS」のデザインスタディとも目されるコンセプトカーである。
4月6日に一部のディテール写真が公開されたのに続き、今回、全体的な車両の写真が新たに公開された。

そのシルエットは、丸みを帯びた現行型「レクサスGS」に比べてややエッジの利いた、むしろ「IS」や「LS」との関連性を思わせるもの。
いっぽうで、フロントには「スピンドルグリル」と呼ばれる大開口部がデザインされ、6灯式のヘッドランプやポジショニングランプとともに、強烈な個性を主張する。ブレーキの冷却機能や空力にも配慮したこのグリルは、今後のレクサスの顔を示唆するものだという。

あわせて、ボディの寸法も明らかにされた。全長×全幅×全高=4890×1870×1450mmのスリーサイズは、現行型の「レクサスGS」に比べて40mm長く、50mm幅広く、25mm高いもの。2850mmのホイールベースは、GSと同じ値だ。

搭載されるパワーユニットは、いまやレクサス各車でおなじみとなった、「レクサス・ハイブリッド・ドライブ」。個性的なデザインのみならず、動力性能と環境性能の両立もアピールされる。

(webCG 関)

関連キーワード:
GSレクサスニューヨークモーターショー2011自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS(前編:LS500h“バージョンL”、LS500h“Fスポーツ”) 2017.10.19 画像・写真 レクサスのフラッグシップセダン「LS」がフルモデルチェンジ。2017年10月19日に国内販売がスタートした。「従来の高級車の常識や概念にとらわれず、新たな価値観の提供を目指した」という、新型の姿を写真で紹介する。
  • レクサスLS(後編:LS500“Fスポーツ”、LS500h“エグゼクティブ”) 2017.10.19 画像・写真 6ライトキャビンを採用した流麗なボディーや、ドライバーが運転に集中できるコックピット、ゆとりある後席空間などをセリングポイントに掲げる新型「レクサスLS」。そのディテールを写真で紹介する。
  • ロールス・ロイス・ファントム/ファントム エクステンデッド ホイールベース【海外試乗記】 2017.11.22 試乗記 「ロールス・ロイス・ファントム」がフルモデルチェンジを果たし、8代目に移行した。新型は外観こそまがうかたなきロールス・ロイスだが、新設計のアルミアーキテクチャーが用いられるなど、新時代の幕開けを感じさせる内容となっている。スイスで試乗した。
  • レクサス(その3) 2017.10.27 画像・写真
  • レクサス(その2) 2017.10.27 画像・写真