50台限定 ボルボV50に装備充実の特別仕様車

2011.04.12 自動車ニュース

50台限定 「ボルボV50」に装備充実の特別仕様車

ボルボ・カーズ・ジャパンは、ワゴンモデル「V50」に特別仕様車「V50 2.0e スポーツプラス」を設定し、2011年4月16日に発売する。

「V50 2.0e スポーツプラス」は、2リッター直4エンジンを積むエントリーグレード「V50 2.0e パワーシフト」をベースとする特別仕様車。数々の追加装備がポイントだ。

具体的には、ルーフレールや16インチアルミホイール(コンベクター)でエクステリアが飾られ、フォグランプ、デュアルキセノンヘッドランプ&ヘッドランプウォッシャー、電動ガラスルーフなどの機能装備も与えられる。

インテリアは、本革巻きのステアリングホイール&シフトノブやアルミ製のセンターコンソールパネルでドレスアップ。ウエットスーツをヒントにしたという「T-Tec/テキスタイルシート」も備わる。

ボディカラーは、特別設定色の「パッションレッド」のみ。ベースモデルより20万円高の319万円で、50台に限り販売される。

(webCG 関)

「ボルボV50 2.0e スポーツプラス」
「ボルボV50 2.0e スポーツプラス」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る