【スペック】全長×全幅×全高=4740×1930×1685mm/ホイールベース=2820mm/車重=2030kg/駆動方式=4WD/3.7リッターV6DOHC24バルブ(309ps/6500rpm、38.7kgm/4000rpm)/価格=630万円(テスト車=631万5225円/ETC車載器=1万5225円)

リンカーンMKX(4WD/6AT)【試乗記】

頼りになるアメリカン 2011.04.12 試乗記 リンカーンMKX(4WD/6AT)
……631万5225円

見た目から中身まで刷新された、リンカーンブランドのSUV「MKX」に試乗。果たして、その仕上がり具合は?

迫力満点の顔つき

「リンカーンMKX」は「キャデラック・エスカレード」とともに、アメリカン・プレミアムブランドのSUV/ミニバン市場の一角を形成する。
このクルマの場合、CUV(クロスオーバー・ユーティリティ・ビークル)なる区分けを打ち出している。昔のステーションワゴンに近い、(スポーツというよりも)乗用車的なところが、CUVと呼ぶ意図なのかもしれない。

新型はマイナーチェンジの範疇(はんちゅう)にあるものの、この「スプリット・ウイング・グリル」と名付けられた、大胆なクロームメッキグリルは何よりも新しいリンカーンの個性を表現している。アメリカ車にしては比較的シンプルな造形を採用するフォードにあって、これは迫力満点ではある。この顔がバックミラーいっぱいに迫ってきたら、ほとんどのクルマはすぐ進路を譲るに違いない。もちろんそこを重視するユーザーからは、拍手喝采だろう。そういう意味でも、今回の変化は大成功といえる。


リンカーンMKX(4WD/6AT)【試乗記】の画像
速度計を真ん中に置く「MKX」のメーター。向かって左には燃費などの車両情報が、右側にはオーディオや空調などの操作メニューが表示される。
速度計を真ん中に置く「MKX」のメーター。向かって左には燃費などの車両情報が、右側にはオーディオや空調などの操作メニューが表示される。
リアビュー。ホイールは18インチのポリッシュドアルミを履く。
リアビュー。ホイールは18インチのポリッシュドアルミを履く。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MKXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • リンカーン・ナビゲーター(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.5 試乗記 アメリカが誇るフルサイズSUVにもエコの波が到来? 伝統のV8に代えて、新たに3.5リッターV6ツインターボエンジンを搭載した「リンカーン・ナビゲーター」に試乗。その出来栄えに触れ、最新のダウンサイジングターボにできること、できないこととを確かめた。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.4.4 試乗記 全長およそ5.2mという巨体を誇るキャデラックの旗艦モデル「エスカレード」が、2016年モデルに進化。大幅に機能が強化されたインフォテインメントシステムの実力を、アメリカンフルサイズSUVならではの魅力と合わせてリポートする。
  • リンカーンMKX(4WD/6AT)【試乗記】 2011.4.12 試乗記 リンカーンMKX(4WD/6AT)
    ……631万5225円

    見た目から中身まで刷新された、リンカーンブランドのSUV「MKX」に試乗。果たして、その仕上がり具合は?
  • 【デトロイトショー2017】スバル、2018年型「WRX/WRX STI」を発表 2017.1.6 自動車ニュース 富士重工業は2017年1月6日、北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、2018年型「スバルWRX/WRX STI」の米国仕様を公開すると発表した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る