【スペック】レクサスCT200h“Fスポーツ”(写真手前):全長×全幅×全高=4320×1765×1460mm/ホイールベース=2600mm/車重=1440kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(99ps/5200rpm、14.5kgm/4000rpm)+交流同期電動機(82ps、21.1kgm)/価格=405万円(テスト車=424万9500円/プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール=14万7000円/“Fスポーツ”専用本革ステアリング=1万500円/クリアランスソナー=4万2000円)

フォード・クーガ/レクサスCT200h/MINIクロスオーバー(後編)【試乗記】

フォード・クーガ/レクサスCT200h/MINIクロスオーバー(後編) 2011.04.11 試乗記 フォード・クーガ タイタニアム(4WD/5AT)/レクサスCT200h“Fスポーツ”(FF/CVT)/MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/6AT)
……406万7800円/424万9500円/479万2000円

いま新車で買える、3台の個性派モデルに試乗。市街地からワインディングまで走らせて、その魅力を探った。

“ファン・トゥ・ドライブ”標準装備

(前編からのつづき)
見た目の個性も大切だが、乗ってつまらなければ、お話にならない。その点、この3台の走りはそれぞれの魅力をブーストしてくれる。

走りがウリといえば「MINIクーパーS」だ。その一員である「クロスオーバー」も例外ではない。“ゴーカートフィーリング”と称される俊敏なハンドリングはこの大柄なMINIでも健在で、もちろん、「ハッチバック」に比べるとマイルドな印象だが、なかなか鋭い回頭性を見せつけられると、思わずニヤリと笑みがこぼれてしまう。車高の高さが乗り心地や安定性に悪影響を与えることもなく、走りのバランスはきわめて高い。

低回転から十二分のトルクを発生させるエンジンは、4000rpmを超えたあたりからガゼン勢いづく感じでスポーティ。ワインディングロードではアクセルペダルを踏む右足についつい力が入ってしまう。

10・15モード燃費32.0km/リッターを誇る「レクサスCT200h」も、エコカーであることを忘れさせるスポーティさを見せてくれた。センターコンソールの「ドライブモードセレクトスイッチ」でスポーツモードを選ぶと、メーターパネルが赤く染まり、さらにパワーメーターが回転計へと“表情”を変える。ハイブリッドの駆動電圧は500Vから最大650Vに昇圧され、アクセルペダルやステアリングホイールの操作に対する反応も切れ味を増す。スポーティな味付けのサスペンションは、ワインディングロードではロールをきっちり抑え、MINIクロスオーバーのお株を奪うほどのゴーカートフィーリングを味わわせてくれる。高速では締め上げられた足まわりが高いスタビリティをもたらし、グランドツアラーとしての一面を垣間見ることができた。

MINIファミリー唯一の4WDモデルとなる「クロスオーバーALL4」(写真手前)。メーカーからは「ゴーカートフィーリングも4倍になります」という茶目っ気たっぷりのアピールも。
MINIファミリー唯一の4WDモデルとなる「クロスオーバーALL4」(写真手前)。メーカーからは「ゴーカートフィーリングも4倍になります」という茶目っ気たっぷりのアピールも。
ハイブリッドカー「レクサスCT200h」のパワーメーターは、走行モードを「SPORT」にするとタコメーター(写真)へと変化する。
ハイブリッドカー「レクサスCT200h」のパワーメーターは、走行モードを「SPORT」にするとタコメーター(写真)へと変化する。

フォード・クーガ/レクサスCT200h/MINIクロスオーバー(後編)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 特集 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 特集 フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
ホームへ戻る