第2戦マレーシアGP決勝結果【F1 2011 速報】

2011.04.10 自動車ニュース

【F1 2011 速報】第2戦マレーシアGP、ベッテルが独走で2連勝

F1世界選手権第2戦マレーシアGP決勝が、2011年4月10日、マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキット(5.543km)を56周して行われた。

予選ではマクラーレン・メルセデスの激しい突き上げにあったが、レースでは開幕戦同様、レッドブル・ルノーのセバスチャン・ベッテルがポールポジションから独走し、2連勝を飾った。

2位はマクラーレンのジェンソン・バトン。熱帯の暑さからピレリタイヤのライフが短くなった今回、お得意のタイヤに優しいドライブで表彰台にのぼった。3位にはルノーのニック・ハイドフェルドが入り、ルノーは前戦に続き3位でフィニッシュした。

3ストップが大勢を占めたなか、4度もタイヤ交換しなければならなかったレッドブルのマーク・ウェバーは、苦しみながらも何とかリカバリーに成功し4位でゴールした。フェラーリはフェリッペ・マッサ5位、フェルナンド・アロンソ6位とタンデムゴール。レース終盤、アロンソは前を走る3位マクラーレンのルイス・ハミルトンに迫ったが2台は接触、これで順位を落とした。

そのハミルトンは7位。開幕戦の失格で悔しい思いをしたザウバー・フェラーリの小林可夢偉は8位でレースを終えリベンジを果たした。小林とポジションを争ったメルセデスのミハエル・シューマッハーは9位、フォースインディア・メルセデスのルーキー、ポール・ディ・レスタが2戦連続の10位入賞となった。

以下、11位エイドリアン・スーティル(フォースインディア)、12位ニコ・ロズベルグ(メルセデス)、13位セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)、14位ハイメ・アルグエルスアリ(トロロッソ)、15位ヘイキ・コバライネン(ロータス・ルノー)、16位ティモ・グロック(ヴァージン・コスワース)、17位ビタリー・ペトロフ(ルノー)が完走した。

開幕2連勝、昨シーズンから数えたら4連勝となるベッテルが50点満点でチャンピオンシップをリード。2位バトン(26点)、3位ハミルトン(24点)、4位ウェバー(22点)、5位アロンソ(20点)と、ベッテル以下はまだ横並び状態だ。

コンストラクターズ選手権は、1位レッドブル(72点)、2位マクラーレン(50点)、3位フェラーリ(36点)、4位ルノー(30点)というオーダー。フェラーリの苦戦とルノーの善戦が目立っている。

【追加更新】
レース後、接触事故を起こしたハミルトンとアロンソに20秒加算のペナルティが科された。ハミルトンは、アロンソから3位のポジションを守ろうとした際、1回以上走行ラインを変えたという違反、アロンソは接触事故そのものの違反をとられた。
結果、6位に終わったアロンソの順位に変動はないものの、ハミルトンは7位から8位に後退し2点減点、かわりに小林が7位の座を射止めた。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。