第188回:毎晩がメルセデス! 「安全枕」のルーツを探る

2011.04.09 エッセイ

第188回:毎晩がメルセデス! 「安全枕」のルーツを探る

いろいろあったヘッドレスト

ヘッドレストの思い出を振り返ると、ドイツ車に関するものだけでもいろいろある。幼い頃わが家にあった1972年「フォルクスワーゲン・ビートル」に付いていたヘッドレストは、後付け物だった。クッション部の下に逆U字型の支えが付いていて、鞍(くら)のごとくシート背面にかませるものだった。ちなみに当時の日本ではまだ、ヘッドレストを指す「安全枕」という言葉が残存していた。

「穴あきヘッドレスト」というのもドイツ車が先鞭(せんべん)をつけた。詳しく言うと、市販車で最初に採用したのは1982年の「アウディ100」である。中央に穴をあけることによって後方視認性が高いというのがメーカーの売りだった。後席の住人にとっても、前方の閉所感が和らぐメリットがあったと思う。
アウディではないが、ボクも穴あきヘッドレストのクルマに乗っていたことがある。いたずら好きな女房は、社長気取りで座った後席からヘッドレストの中空部分にゲンコツを通して、運転するボクの頭にたびたびパンチを見舞わせたものだ。

ところがこの「穴あき」、近年だんだん少なくなっている。女房のようにパンチする奴が多かったからではない。まず、不要時に低く収納できる後席ヘッドレストが普及し、わざわざ穴あきにする必要性が薄くなったことがあろう。折りたたみ式シートの場合、いちいち引っこ抜かなくてはならない、大きな穴あきヘッドレストは邪魔だ。加えて前席ヘッドレストには、むち打ちを軽減するプロアクティブシステムが装備されたり、エンターテインメントのためのAVモニターが埋め込まれたりと、インテリジェント化が進んできた。もはや「穴あき」は、時代についていけなくなってしまったのである。

1967〜76年に生産された「メルセデス・ベンツW114/115シリーズ」。通称「/8」。
1967〜76年に生産された「メルセデス・ベンツW114/115シリーズ」。通称「/8」。
「/8」のヘッドレスト。カバーが掛けられた状態。
「/8」のヘッドレスト。カバーが掛けられた状態。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。