成功の秘訣はリーダーシップにあり!  「名車を創った男たち」発売中

2011.04.08 From Our Staff

成功の秘訣はリーダーシップにあり!  「名車を創った男たち」発売中

「名車」が生まれた核心とは何か? それぞれのチーフエンジニアにロングインタビュー。リーダーに必要とされる資質と人を引きつける能力、成功への秘訣(ひけつ)を解き明かす。



成功の秘訣はリーダーシップにあり!
『名車を創った男たち』
プロジェクト・リーダーの流儀

大川悠/道田宣和/生方聡 著
定価:本体1600円+税
判型:四六判・188ページ
発行:二玄社

→ 二玄社で買う
→ アマゾンで買う


■名車ができるまで

『webCG』読者のみなさま、こんにちは。
二玄社といえば以前は、自動車専門雑誌『CAR GRAPHIC』などの自動車雑誌を手掛けていた出版社として名前をご存じの方がいるかもしれません。現在も自動車の関連書籍を手掛けていますが、ここではできたてのホヤホヤの弊社の最新刊を紹介させていただきます。

この『名車を創った男たち』は、自動車開発を指揮するチーフエンジニア(主査とか主管とか自動車メーカーによって変わります)と呼ばれるプロジェクトリーダーが、どのような仕事をして「名車」を完成させたのか、インタビューを通じてまとめたものです。

今から20年ほど前、1980年代末のバブル期から90年代にかけて、日本では自動車ファンの心を躍らす多くの名車が誕生しました。ここで紹介する「名車を創った男たち」は、これらのモデルの開発を指揮したチーフエンジニアに仕事に懸けた思いを聞きました。

聞き手は、元『CAR GRAPHIC』編集記者で現在、自動車ジャーナリストの道田宣和さん、生方聡さん。そして過去には弊社で出版していた自動車雑誌『NAVI』創刊時の編集長としても知られ、現在フリーライターとして活躍中の大川悠さんです。

■成功の秘訣

あの日本全体がバブル景気に酔いしれた時代。日本の自動車メーカーは、世界への飛躍を目指して、高品質を備えた個性あふれるクルマを送り出そうとしていました。チーフエンジニアである彼らは、数多くのスタッフを率いて、目指すコンセプトを実現するための道筋を示しながら、新型車を完成へと導くことに成功したのです。その理由を解き明かすことが、本書の大きなテーマです。
ここで取り上げた6台それぞれのモデルと6人のチーフエンジニアとのつながりや、「名車」が誕生するに至った道程と開発担当者としての思いを感じていただければうれしい限りです。

実際のインタビューでは、チーフエンジニアの自動車作りの道へと進む原点から、開発当時の社内外の状況、開発チーフとして商品開発に必要な思考法、人を動かすために主張すべきポイント、開発全体の進ちょくで成功のカギとなった要素、「名車」と捉えられるようになった理由に至るまで、具体例を絡めて収録しました。

取材対象となったのは、いずれも名車の誉れ高いモデルであり、名前を聞いたことがあるチーフエンジニアの方も多いかもしれません。

・上原繁:「ホンダNSX」1990年
・伊藤修令:「ニッサン・スカイライン(R32)」1989年
・平井敏彦:「ユーノス・ロードスター」1989年
・桂田勝:「スバル・レガシィ」1989年
・三好建臣:「ホンダ・バラードスポーツCR-X」1983年
・塩見正直:「トヨタ・エスティマ」1990年

■クルマに対する思い

ホンダファンならおなじみの「NSX」のLPLである上原氏の理路整然としたコメントや、「スカイラインは僕の友だち」と語る伊藤氏の思いの深さ、「自分の欲しいクルマがなかったから作った」というロードスターの平井敏彦氏の謙虚さも印象的でした。「とにかく考え抜くこと。志を高くもって、目標ができたら考え抜くことです」と語る桂田氏は哲学者の雰囲気をたたえ、三好氏の自由な発想には「CR-X」の開発の秘密が垣間見られました。塩見氏はトヨタのハイブリッド開発の礎を築いた人物であり、その仕事への情熱と人柄ゆえに、初代「エスティマ」の困難な開発作業をスタッフとともに乗り切ったことを感じさせました。

この中では、選択に納得できないと思われるようなモデルもあるかもしれません。ですが、編集サイドとしては、バランスのよく取れたラインナップではないかと思っています。もちろん、取材がなんらかの事情でかなわなかった著名なモデルのチーフエンジニアの方がいらっしゃることは事実ですが、その成否はまさに人と人との“縁”といえるものでした。
ともあれ、どの方も個性的で熱い思いをもったチーフエンジニアの声に“耳を傾けて”いただければ幸いです。ぜひともご拝読を!

(二玄社編集部 自動車担当 岩尾)

『名車を創った男たち』
プロジェクト・リーダーの流儀
『名車を創った男たち』
プロジェクト・リーダーの流儀
「ユーノス・ロードスター」の開発主査を務めた平井敏彦氏。当時、川のそばにある開発現場のフロアはあまりにも殺風景で、見かねたスタッフがゴムの木の植木鉢を1本持ち込んで、せめて名前だけでもしゃれたものを付けようと“リバーサイドホテル”の愛称で呼んでいたという。
「ユーノス・ロードスター」の開発主査を務めた平井敏彦氏。当時、川のそばにある開発現場のフロアはあまりにも殺風景で、見かねたスタッフがゴムの木の植木鉢を1本持ち込んで、せめて名前だけでもしゃれたものを付けようと“リバーサイドホテル”の愛称で呼んでいたという。

成功の秘訣はリーダーシップにあり!  「名車を創った男たち」発売中の画像

成功の秘訣はリーダーシップにあり!  「名車を創った男たち」発売中の画像
成功の秘訣はリーダーシップにあり!  「名車を創った男たち」発売中の画像

成功の秘訣はリーダーシップにあり!  「名車を創った男たち」発売中の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。