クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】フォード・クーガ タイタニアム:全長×全幅×全高=4445×1850×1715mm/ホイールベース=2690mm/車重=1670kg/駆動方式=4WD/2.5リッター直5DOHC20バルブターボ(200ps/6000rpm、32.6kgm/1600-4000rpm)/価格=378万円(テスト車=406万7800円/ナビゲーションシステム=24万8800円/ETC車載器=3万9000円)

フォード・クーガ/レクサスCT200h/MINIクロスオーバー(前編)【試乗記】

フォード・クーガ/レクサスCT200h/MINIクロスオーバー(前編) 2011.04.08 試乗記 フォード・クーガ タイタニアム(4WD/5AT)/レクサスCT200h“Fスポーツ”(FF/CVT)/MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/6AT)
……406万7800円/424万9500円/479万2000円

画一的になったとも言われる今どきのクルマ。その真偽のほどを、400万円前後の個性派3台をピックアップし、試してみた。前後編2回にわたりリポートする。

“家電”なんて言わせない

「最近のクルマは家電ぽい」「個性が薄れてきた」と感じている人は案外多いかもしれない。クルマを単なる移動の道具として捉える人なら、それでいいかもしれないが、私を含めて、クルマ好きにとって物足りなく思えるのは確かだろう。

もちろん、個性的なクルマも世の中には多数存在しているが、たいていそういうモデルにかぎって、とても手の届かない価格だったりする。比較的手頃な価格で、個性的なモデルを手に入れることは不可能なのだろうか?

そんな疑問に私が用意する答えが、ここに紹介する3台だ。「MINIクロスオーバー」「フォード・クーガ」そして「レクサスCT200h」。いずれも、負けず劣らずの個性を持ちながら、価格は400万円前後という、なんとも魅力的なクルマたちである。この3台を引き連れて、それぞれの個性に迫るドライブに出かけてみた。


フォード・クーガ/レクサスCT200h/MINIクロスオーバー(前編)【試乗記】の画像 拡大
今回試乗する個性派トリオ。写真左から、「MINIクーパーS クロスオーバーALL4」「レクサスCT200h“Fスポーツ”」、そして「フォード・クーガ タイタニアム」
今回試乗する個性派トリオ。写真左から、「MINIクーパーS クロスオーバーALL4」「レクサスCT200h“Fスポーツ”」、そして「フォード・クーガ タイタニアム」 拡大

個性派の最新作「MINIクーパーS クロスオーバー」

身近なところで個性派といえば、真っ先に思い浮かぶのがMINIではないか。いまさら説明の必要はないが、往年の人気モデルを現代に蘇らせたいまのMINIは、すでに1度のフルモデルチェンジを経て、ますます魅力を増すとともに、ボディバリエーションの追加によってファンを広げている。

「MINIクロスオーバー」は、ハッチバック、コンバーチブル、クラブマンに続く“第四のMINI”。日本以外の市場では「カントリーマン」を名乗るが、ハッチバックにSUVテイストを与えたスタイルは、まさにクロスオーバーの名にふさわしいもの。ちなみに、4ドアボディは、MINIファミリーとしては初の試みである。

クラシックな「Mini」に比べると、現行MINIは一番小さなハッチバックでも大きく思えるが、このクロスオーバーは全長が4mを超え、全高も1550mmと立派な体格だ。遠くから見てもMINIとわかる雰囲気が強く残っているが、ミニと呼ぶには抵抗を感じるサイズである。

今回紹介するのは、MINIクロスオーバーのなかで唯一のフルタイム4WD仕様の「MINIクーパーS クロスオーバー ALL4」。1.6リッターの直4ターボは、最高出力184ps、最大トルク24.5kgm(オーバーブースト時は26.5kgm)のパフォーマンスを誇る。6段MTと6段ATが用意されており、試乗したATモデルの車両本体価格は379万円である。

「MINIクロスオーバー」は、2011年1月に日本上陸。今回は、4WDモデルの「クーパーS クロスオーバーALL4」を試す。
「MINIクロスオーバー」は、2011年1月に日本上陸。今回は、4WDモデルの「クーパーS クロスオーバーALL4」を試す。 拡大
MINIファミリー共通の、ポップで特徴的なデザインのインテリア。テスト車にはポータブルタイプのカーナビが後付けされていた。
MINIファミリー共通の、ポップで特徴的なデザインのインテリア。テスト車にはポータブルタイプのカーナビが後付けされていた。 拡大
最もパワフルなグレード「クーパーS」に積まれる1.6リッターターボユニット。184ps、24.5kgmを発生する。
最もパワフルなグレード「クーパーS」に積まれる1.6リッターターボユニット。184ps、24.5kgmを発生する。 拡大
【スペック】MINIクーパーS クロスオーバーALL4:全長×全幅×全高=4120×1790×1550mm/ホイールベース=2595mm/車重=1460kg/駆動方式=4WD/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(184ps/5500rpm、24.5kgm/1600-5000rpm)/価格=379万円(テスト車=479万2000円/ジンジャーパッケージ=4万円/シナモンパッケージ=11万円/クロームラインインテリア=2万2000円/アームレスト=2万5000円/前席シートヒーター=5万2000円/コクピットサーフェス(ダークアンスラサイト)=2万6000円/レインセンサー=2万4000円/harman/kardon製HiFiラウドスピーカーシステム=12万円/レザーラウンジシート=32万円/電動ガラスサンルーフ=18万円/プライバシーリアガラス=4万円/アダプティブヘッドライト=4万円/スモーカーズパッケージ=3000円)
【スペック】MINIクーパーS クロスオーバーALL4:全長×全幅×全高=4120×1790×1550mm/ホイールベース=2595mm/車重=1460kg/駆動方式=4WD/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(184ps/5500rpm、24.5kgm/1600-5000rpm)/価格=379万円(テスト車=479万2000円/ジンジャーパッケージ=4万円/シナモンパッケージ=11万円/クロームラインインテリア=2万2000円/アームレスト=2万5000円/前席シートヒーター=5万2000円/コクピットサーフェス(ダークアンスラサイト)=2万6000円/レインセンサー=2万4000円/harman/kardon製HiFiラウドスピーカーシステム=12万円/レザーラウンジシート=32万円/電動ガラスサンルーフ=18万円/プライバシーリアガラス=4万円/アダプティブヘッドライト=4万円/スモーカーズパッケージ=3000円) 拡大

アスリート系SUV「フォード・クーガ タイタニアム」

フォードのSUVといえば「エクスプローラー」が最もなじみ深いが、クーガにそのマッチョさはみじんも感じられない。ボディサイズも全長×全幅×全高=4445×1850×1715mmと扱いやすいサイズに収まっている。

それでいて、アスリートのような力強さが感じられる“細マッチョ”のスタイリングは、フォードが主張する「キネティック・デザイン」のたまもの。抑揚のあるボディパネルと台形をモチーフとした躍動感のあるデザインが、フォードの未来を予感させる。他のフォード車と違うのは当然のことで、実はこのクーガはヨーロッパ発のSUVである。これを機に再び日本市場に欧州フォードのモデルが復活しないかと期待してしまうのは私だけだろうか?

それはさておき、クーガには200ps、32.6kgmを発生する2.5リッター5気筒「デュラテック」ターボエンジンが搭載される。このパワフルな心臓は、あの「フォーカスST」のエンジンをSUV向けにチューンしたもの。そう聞いただけでわくわくしてくる。これに組み合わされるのがマニュアルモード付きの5段オートマチックトランスミッション。駆動方式はフルタイム4WDで、トルクの配分には、いまやFFベースの4WDには定番となっている第4世代のハルデックスカップリングが用いられている。

ラインナップは、ベースモデルの「トレンド」(335万円)と装備充実の「タイタニアム」(378万円)の2グレード。今回は本革シートや、広大なグラスエリアを誇る「パノラミックルーフ」を備える後者「タイタニアム」を引っ張り出した。

フォードのSUV「クーガ」。装備充実の「タイタニアム」(写真)とエントリーグレード「トレンド」(335万円)の2本立てでラインナップする。
フォードのSUV「クーガ」。装備充実の「タイタニアム」(写真)とエントリーグレード「トレンド」(335万円)の2本立てでラインナップする。 拡大
「クーガ」は、比較的珍しい直5ユニットを搭載。今回取り上げる3台のなかで最もパワフルかつトルキーな心臓である。
「クーガ」は、比較的珍しい直5ユニットを搭載。今回取り上げる3台のなかで最もパワフルかつトルキーな心臓である。 拡大

フォード・クーガ/レクサスCT200h/MINIクロスオーバー(前編)【試乗記】の画像 拡大
「タイタニアム」には、1085×785mmの特大ガラスサンルーフ(写真)や本革シート、クルーズコントロールなどが標準で備わる。
「タイタニアム」には、1085×785mmの特大ガラスサンルーフ(写真)や本革シート、クルーズコントロールなどが標準で備わる。 拡大

イキのいいハイブリッド「レクサスCT200h“Fスポーツ”」

個性派は、なにも輸入車だけではない。ジャパンブランドで気になるのが、レクサス初のハッチバックモデルである「CT200h」だ。そもそもレクサスというブランド自体、日本の他のブランドにはない特別な雰囲気に包まれているのだが、さらにこのCT200hはコンパクトなボディにレクサスの躍動感が凝縮された印象があり、実際のサイズ(全長×全幅×全高=4320×1765×1450mm)を超える存在感が漂っている。

パワートレインは、いまや日本のトップセラーとなった「トヨタ・プリウス」から譲り受けたハイブリッドシステムだ。CT200hに搭載するにあたっては、シフトパドルやタコメーターを採用するなど、スポーティなドライビングを想定した違いが施されている。さすがにあれだけプリウスが売れると、プリウスとは違う個性のハイブリッドカーを求める人や、走る喜びも手に入れたいと思う人が出てくるのは当然だ。

そんな要望に応えてくれるのが、このCT200hというわけである。なかでもこの“Fスポーツ”は、「LFA」や「IS F」などの走りを受け継ぐスポーティなバージョンである。専用の内外装や215/45R17タイヤ+アルミホイールなど、スポーツドライビング好きの心をくすぐるアイテム満載で、CT200hのなかでの目立ち度は文句なくナンバーワンだ。価格は405万円である。

ひととおりクルマの紹介が済んだところで、後半では走りを中心に3台を比較してみよう。(後編につづく

(文=生方聡/写真=高橋信宏)

「CT200h」は、ハイブリッド専用車。最もコンパクトなレクサスでもある。
「CT200h」は、ハイブリッド専用車。最もコンパクトなレクサスでもある。 拡大
エンジンは、基本的に「トヨタ・プリウス」のそれを流用する。
エンジンは、基本的に「トヨタ・プリウス」のそれを流用する。 拡大
“Fスポーツ”は、専用のスポーツサスペンションやホイールなどを備えるスポーティグレード。ごらんのような青いシート地も選べる。
“Fスポーツ”は、専用のスポーツサスペンションやホイールなどを備えるスポーティグレード。ごらんのような青いシート地も選べる。 拡大
【スペック】レクサスCT200h“Fスポーツ”:全長×全幅×全高=4320×1765×1460mm/ホイールベース=2600mm/車重=1440kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(99ps/5200rpm、14.5kgm/4000rpm)+交流同期電動機(82ps、21.1kgm)/価格=405万円(テスト車=424万9500円/プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール=14万7000円/“Fスポーツ”専用本革ステアリング=1万500円/クリアランスソナー=4万2000円)
【スペック】レクサスCT200h“Fスポーツ”:全長×全幅×全高=4320×1765×1460mm/ホイールベース=2600mm/車重=1440kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(99ps/5200rpm、14.5kgm/4000rpm)+交流同期電動機(82ps、21.1kgm)/価格=405万円(テスト車=424万9500円/プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール=14万7000円/“Fスポーツ”専用本革ステアリング=1万500円/クリアランスソナー=4万2000円) 拡大

関連キーワード:
MINIクロスオーバーCTクーガMINIレクサスフォード試乗記

あなたにおすすめの記事