富士重工、新型「インプレッサ」を世界初公開【ニューヨークショー2011】

2011.04.07 自動車ニュース

【ニューヨークショー2011】富士重工、新型「スバル・インプレッサ」を世界初公開

富士重工業は、2011年4月20日に開幕するニューヨークショーで、新型「インプレッサ」の4ドア/5ドアモデルを世界初公開する。

4年ぶりという比較的早いサイクルでフルモデルチェンジすることとなった「スバル・インプレッサ」。新型では、アメリカで販売されている4WDの乗用車のなかではトップレベルとなる、36mpg(約15.3km/リッター)の高速燃費を実現するとともに、現行モデルを上回る居住快適性を実現しているという。

同ショーでは、4ドアセダンと5ドアハッチが同時にデビューする予定だ。

(webCG 曽宮)

新型「スバル・インプレッサ」4ドアモデル(北米仕様)
新型「スバル・インプレッサ」4ドアモデル(北米仕様)
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る