富士重工、新型「インプレッサ」を世界初公開【ニューヨークショー2011】

2011.04.07 自動車ニュース

【ニューヨークショー2011】富士重工、新型「スバル・インプレッサ」を世界初公開

富士重工業は、2011年4月20日に開幕するニューヨークショーで、新型「インプレッサ」の4ドア/5ドアモデルを世界初公開する。

4年ぶりという比較的早いサイクルでフルモデルチェンジすることとなった「スバル・インプレッサ」。新型では、アメリカで販売されている4WDの乗用車のなかではトップレベルとなる、36mpg(約15.3km/リッター)の高速燃費を実現するとともに、現行モデルを上回る居住快適性を実現しているという。

同ショーでは、4ドアセダンと5ドアハッチが同時にデビューする予定だ。

(webCG 曽宮)

新型「スバル・インプレッサ」4ドアモデル(北米仕様)
新型「スバル・インプレッサ」4ドアモデル(北米仕様)
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
ホームへ戻る