BMW、5シリーズのPHV発表【上海ショー2011】

2011.04.07 自動車ニュース

 【上海ショー2011】BMW、「5シリーズ」のプラグインハイブリッド車を発表

BMWブリリアンス・オートモーティブは、2011年4月19日に開幕するオート上海(上海モーターショー)に、「5シリーズ」のプラグインハイブリッド車(PHV)を出展する。

独BMWとブリリアンス・チャイナ・オートモーティブ・ホールディングスの合弁会社BMWブリリアンス・オートモーティブは、「5シリーズ」のPHVプロトタイプを上海モーターショーで発表する。同モデルは、中国市場向けに開発された「5シリーズセダン・ロングホイールベース仕様」をベースにつくられたもの。中国市場専用のボディと環境技術が組み合わされるのは、同セグメントで初という。

このクルマは、BMWの「ツインパワーターボ」技術が生かされた最高出力160kW(218ps)のエンジンに、70kWのモーターを組み合わせた、パラレルハイブリッドシステムを搭載する。荷室に搭載されるバッテリーは、形式や仕様こそ明らかにされていないが、ガソリンエンジンによる発電のほか、家庭用電源からも充電できる。

モーターのみで走れる距離は、60km/h定速走行時で最大75km。それ以後は、エンジンによる駆動で約400km走行できるという。

BMWブリリアンス・オートモーティブは、2013年から中国において5シリーズPHVの量産を開始する予定だ。なお同社は、このモデルを「ニューエナジービークルの一環」と位置づけており、今後も次世代パワートレインの開発を積極的に行っていく姿勢を見せている。

(webCG 曽宮)

「BMW5シリーズ」のプラグインハイブリッド車。2013年に中国市場での発売が予定される。
「BMW5シリーズ」のプラグインハイブリッド車。2013年に中国市場での発売が予定される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

5シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • メルセデス・ベンツE220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)(FR/9AT)【試乗記】 2017.2.20 試乗記 高い実用性を誇るのはもちろん、「Eクラス セダン」と同様の安全性と快適性を実現したとうたわれる「Eクラス ステーションワゴン」。「E220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」に試乗し、その実力を試した。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
ホームへ戻る