クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=3710×1620×1765mm/ホイールベース=2450mm/車重=1040kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4DOHC16バルブ(91ps/6000rpm、12.0kgm/4800rpm)/価格=165万6000円(テスト車=同じ)

三菱デリカD:2 S(FF/CVT)【試乗記】

明確な違い 2011.04.05 試乗記 三菱デリカD:2 S(FF/CVT)
……165万6000円


ミニバン「デリカ」シリーズのエントリーモデル「D:2」に試乗。兄弟車「スズキ・ソリオ」と乗り比べ、その違いを探ってみた。

間違い探し

2台並べてじっくりと眺める。同じだ。どこにも違いが見つけられない。エンブレム以外は、まったく差異をつけようとしていない。ランプの形状やグリルの意匠が少しは変えられているかと思って吟味するが、徒労に終わる。ホイールすらまったく同じものが使われているのだ。車内を見ても、一緒。シート生地だって同じものが使われている。

「三菱デリカD:2」が「スズキ・ソリオ」のOEMであることは周知のとおりだ。日本の自動車会社では、他社の開発したクルマを自社のブランドで販売するという手法が拡大しつつある。「日産モコ」は「スズキMRワゴン」、「日産オッティ」は「三菱eKワゴン」、「スズキ・ランディ」は「日産セレナ」、「スバル・トレジア」は「トヨタ・ラクティス」のOEMだ。この秋からは、トヨタがダイハツから軽自動車のOEM供給を受けることが発表されている。

メーカー間の関係も錯綜(さくそう)していて、全容を把握するのが難しいほどだ。開発費を抑えてラインナップを充実させたいという思惑は、自動車産業の置かれた厳しい状況を見れば理解できないことはない。しかし、供給を受けるにしても、多少はメーカーのアイデンティティを見せようとするものだ。フロントマスクのデザインを自社のラインナップに合わせて変更したりして、なんとか違いをアピールしようとする。デリカD:2には、そんな素振りすら見られない。

装着されるナビゲーションシステムはディーラーオプション。
装着されるナビゲーションシステムはディーラーオプション。 拡大
「三菱デリカD:2」と「スズキ・ソリオ」を並べてみても、本当に区別がつかない。同じクルマだから当たり前ですが。ちなみに、右がデリカD:2。
「三菱デリカD:2」と「スズキ・ソリオ」を並べてみても、本当に区別がつかない。同じクルマだから当たり前ですが。ちなみに、右がデリカD:2。 拡大
注目の記事PR
  • この黒こげのクルマの残骸は一体!? 危険・過激・おバカな自動車バラエティー配信開始!
    この黒こげのクルマの残骸は一体!? 危険・過激・おバカな自動車バラエティー配信開始! Amazonプライム・ビデオ
  • これぞ純正カスタマイズの妙味。ホンダアクセスが手がけた「シビックハッチバック」をチェック。
    これぞ純正カスタマイズの妙味。ホンダアクセスが手がけた「シビックハッチバック」をチェック。 ホンダアクセス
注目の記事一覧へ

広くて便利で燃費もいい

すでにソリオの試乗記は掲載されているので、それをコピペしていいかと聞いてみたのだが、駄目と言われた。しかし、当然のことながら、乗ってみても印象は同じだった。実によくできたクルマである。とてつもない広さの「ワゴンR」と比べても、軽自動車の枠を外れているからさらに広い。特に室内幅は10センチ以上の差だから、前後左右を行ったり来たりするウォークスルーが可能になる。力もコツもいらないリアシートのフォールディング機構を使えば、自転車でも家具でも平気で積み込める巨大な空間が出現する。

最上級グレードの「S」は両側電動スライドドアになっているという豪勢さだ。子供たちにとってはスライドドアであるか否かがクルマの価値を大きく左右するらしく、大きなアピール点になる。ヒンジドアに比べてボディ剛性がどうのというのは、子供はあまり気にしないだろう。親は気にしたほうがいいと思うのだが。

中が広くなれば外も大きくなるのが理の当然で、何しろ背高だ。どうしたって頭部肥大気味で、モデル体型とはほど遠い。それでも、日常的な使い方をする限り、ぐらついて不安を抱くようなことはなかった。街中での走行に支障がないのはもちろんのことだが、高速道路でのコーナリングでもドライバーを心細がらせたりはしない。ロールはことのほか小さく、しっかりと路面を捉え続ける。「スイフト」ゆずりの足まわりというのも、なるほどと納得してしまう。

エンジンとトランスミッションはどのグレードも同一で、1.2リッター直4にCVTの組み合わせだ。91psというのはまったくたいしたことのない数字だが、不平を言う人はいないだろう。流れについていけない場面はなかったし、そもそもこの手のクルマでこれ以上のパワーを求めるのはお門違いである。今回は山道を走ることはできなかったが、そういう道で走りを楽しむためのクルマではないから構わない。そこそこ元気に走って燃費はリッター14km弱だったから、これも合格点だ。


三菱デリカD:2 S(FF/CVT)【試乗記】の画像 拡大
前後165mmのスライドとリクライニング機能が備わるリアシート。シートアレンジなど、使い勝手も「ソリオ」と同じ。
前後165mmのスライドとリクライニング機能が備わるリアシート。シートアレンジなど、使い勝手も「ソリオ」と同じ。 拡大

三菱デリカD:2 S(FF/CVT)【試乗記】の画像 拡大

同じじゃなかった

「まったく同じ」と書いたけれど、乗り比べたデリカD:2とソリオでエンブレム以外の違いがひとつだけあった。D:2がカーナビ付きであったのに対し、ソリオはオーディオ&バックモニターが装備されていたのだ。要するに、オプションの違いである。どちらの装備もD:2、ソリオ双方で選ぶことができるから、これはクルマ自体の違いとはいえない。

資料を見たら、目には見えないところで装備の差があることがわかった。ソリオにはカーテンエアバッグとESP(横滑り防止装置)のセットオプションが付けられていたのである。対してD:2は、標準装備のABSのみ。ESPが働くような走り方はしなかったので、差はわからない。それでも、緊急時に大きなアドバンテージになる装備であることは間違いないだろう。

念のためにD:2のオプションリストを参照してみた。なぜかESPの項目が見当たらない。OEMなのだから、アクセサリーの選択肢が狭まるのは仕方のないことだ。実際、D:2のカタログのページ数はソリオの半分以下である。でも、ESPはアクセサリーではない。標準装備でないことはともかく、オプションでも安全装備が選べないのは、あまりほめられたことではないと思う。違いを示したいなら、もっとほかの方法があるはずだ。

(文=鈴木真人/写真=峰昌宏)

写真をクリックするとシートアレンジの様子が見られます。
写真をクリックするとシートアレンジの様子が見られます。 拡大

三菱デリカD:2 S(FF/CVT)【試乗記】の画像 拡大
ボディカラーは全6色。こちらも「ソリオ」と全く同じ。
ボディカラーは全6色。こちらも「ソリオ」と全く同じ。 拡大

関連キーワード:
デリカD:2三菱試乗記

あなたにおすすめの記事