脇阪寿一の「SAVE JAPAN」活動計画を発表

2011.04.04 自動車ニュース

脇阪寿一の「SAVE JAPAN」活動計画を発表

2011年4月3日、レーシングドライバー脇阪寿一がスタートさせた東日本大震災復興支援プロジェクト「SAVE JAPAN」の活動計画発表会が、東京・六本木のF1 PIT STOP CAFEで行われ、数多くのドライバー、ライダーが顔をそろえた。

「SAVE JAPAN」は、東北地方太平洋沖地震の3日後、3月14日にレーシングドライバーの脇阪寿一が、自身のサイト「JS Style.com」内に震災義援金サイトとしてスタートさせたもの。
今回、新たに震災復興支援プロジェクト「SAVE JAPAN」としてスタートするにあたり、その活動内容が発表された。会場には同プロジェクトに賛同した総勢40人に及ぶレーシングドライバー、ライダーが集結。四輪、二輪の枠を超えモータースポーツ界がひとつとなって復興支援活動を行っていくという。

■「Ustream」でメッセージを配信

発表会の当日からスタートしたのが、「Ustream」を使ったメッセージ番組「SAVE JAPAN TV」。同プロジェクトに賛同したドライバーやライダーが出演し、モータースポーツ情報に加え、被災地への応援メッセージ、被災地からの声を配信するという。2週間に1回、1時間程度の放送が予定されている。

■チャリティーイベントやオークションも開催

5月以降に開催が予定される各カテゴリーのサーキット会場に「SAVE JAPAN」義援金募金箱を設置するほか、チャリティを目的としたグッズ販売などを計画。
また、「SAVE JAPAN」キャラバンでは、東京、名古屋、大阪、福岡、札幌など主要都市をまわり、同プロジェクトの活動を伝えるとともに、レーシングドライバーによるトーク&サイン会などのイベントを開催。「SAVE JAPAN TV」との連動企画も計画しているという。
このほかYahoo!オークション内でもチャリティオークションを開催中。期間は4月2日から4月30日まで。

これら今後の詳しい活動については、「SAVE JAPAN」公式ホームページにて随時告知、報告していくとのこと。

「SAVE JAPAN」ホームページ
http://www.js-style.com/savejapan/index.html

(文と写真=荒川正幸)

脇阪寿一の「SAVE JAPAN」活動計画を発表
「SAVE JAPAN」発起人の脇阪寿一。
脇阪寿一の「SAVE JAPAN」活動計画を発表
脇阪寿一の「SAVE JAPAN」活動計画を発表

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。