第187回:「ベスパの回転ノコギリ」に見るイタリア人の“捨てない精神”

2011.04.02 エッセイ

第187回:「ベスパの回転ノコギリ」に見るイタリア人の“捨てない精神”

「美しい国」というものの

イタリア人は自分たちの国を「ベルパエーゼ(美しい国)」と呼ぶ。美しい風景にあふれる国土を、そう誇らしげに呼べる彼らが羨ましいかぎりである。だが、困ったイタリアの風景もある。そのひとつに「廃車」がある。

電車に乗っていると車窓からは、老朽化して引き込み線に放置された貨車や客車をよく見かける。客車の場合、多くは窓やドアに金属板が溶接されていて、人が入れないようになっている。だが以前、こうした車両にどこからか入り込んで寝泊まりしていた人が火事を出してしまい、焼死する事件があった。また以前ミラノ−トリノ間の路線で、明らかに爆発したと思われるタンク車が置き去りにされているのを見たときも、さすがに引いた。
ピニンファリーナやジウジアーロのデザインした特急車両が走る脇に、こうした古い廃車両が平然と放置されている。なんとも複雑なキモチになる。

クルマの場合もしかりだ。廃車が家や工場の裏に放置されていることが多い。家だけではない。各地のバス営団も、大抵車庫の端っこを見ると廃車がたくさん放置されている。
捨てるのは敷地内にとどまらない。数年前、サルデーニャ島の山間部を走っていたときだ。「ルノー4L」が谷底に落ちていたので「あわや事故か」と思ってよく見ると、明らかに廃車だった。その晩、お世話になった地元のおじさんに聞くと、「ああ、このあたりじゃ、ああやって捨ててしまうんだよ。困ったもんだよね」と嘆いていた。

ある作業場の横に放置してある後期型「シトロエンCX」。
ある作業場の横に放置してある後期型「シトロエンCX」。
アウトストラーダ沿いで。その「デルタ インテグラーレ」は、往来するクルマたちを毎日眺めながら余生を送っている。
アウトストラーダ沿いで。その「デルタ インテグラーレ」は、往来するクルマたちを毎日眺めながら余生を送っている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。