三菱、ミニキャブ・ミーブの予約受け付け開始

2011.04.01 自動車ニュース

三菱、軽商用電気自動車「ミニキャブ・ミーブ」の予約受け付け開始

三菱自動車は2011年4月1日、軽商用電気自動車「MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」の予約受け付けを開始した。

■総電力量(航続距離)の異なる2タイプを用意

三菱自動車は、軽乗用車「i-MiEV」に続く電気自動車(EV)の第2弾「MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」の予約受け付けを開始した。ミニキャブ・ミーブは、軽商用バン「ミニキャブバン」をベースに、「i-MiEV」のEVコンポーネントを組み合わせた軽商用車で、商用ユースに求められる実用性や信頼性、コストパフォーマンスが追求されている。

同社は、2010年10月からヤマト運輸と共同でミニキャブ・ミーブの実用性を確認する作業を行ってきており、商用ユースでは、ほぼ決まったルートしか走らず航続距離が短くていいという需要も見込まれることから、バッテリーの数を減らしコストをおさえた10.5kWh仕様と、「i-MiEV」と同じ総電力量をもつ16.0kWh仕様の2タイプが設定される予定だ。航続距離は、10.5kWh仕様で約100km、16.0kWh仕様は約150kmと公表される。

価格は、経済産業省が「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助事業」の補助金制度を2011年度も2010年度と同様に継続することを前提に試算した場合、ユーザーの実質負担額は、10.5kWh仕様が約170万円から、16.0kWh仕様は約205万円からとなる。なお販売は、i-MiEV同様、メンテナンスリース方式と現金販売が設定される見通しだ。

発売は、2011年末頃が予定されている。

(webCG 曽宮)

「三菱ミニキャブ・ミーブ」
「三菱ミニキャブ・ミーブ」
三菱、ミニキャブ・ミーブの予約受け付け開始の画像
三菱、ミニキャブ・ミーブの予約受け付け開始の画像
ヤマト運輸仕様の「ミニキャブ・ミーブ」。2010年10月から実証試験が行われている。
ヤマト運輸仕様の「ミニキャブ・ミーブ」。2010年10月から実証試験が行われている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミニキャブ ミーブの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱が「ミニキャブ ミーブ バン」の装備を強化 2017.1.26 自動車ニュース 三菱が軽ワンボックスタイプの電動商用車「ミニキャブ ミーブ バン」を一部改良。充電中などに車外から空調を遠隔操作できる「プレ空調」機能を新たに採用したほか、運転席&助手席シートヒーターなどを標準装備とした。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
ホームへ戻る