【スペック】全長×全幅×全高=3939×1750×1127mm/ホイールベース=2350mm/車重=1270kg/駆動方式=MR/モーター(292ps/4400-6000rpm、40.9kgm/0-5100rpm)/リチウムイオンバッテリー(240V/53kWh)/航続距離=394km/価格=1481万5500円(テスト車=同じ)

テスラ・ロードスター2.0 Sport(MR/1AT)【動画試乗記】

他の追随を許さない 2011.04.01 試乗記 テスラ・ロードスター2.0 Sport(MR/1AT)
……1481万5500円

いま、量産型電気自動車で一番速いのは、おそらくこの「テスラ・ロードスター」だろう。ベテランリポーターをして「たまらん!」と言わしめたその迫力の走りを動画で!

足の長さがジマン

2008年にアメリカで発売され、2010年5月に日本上陸を果たした「テスラ・ロードスター」。「高速走行も楽にこなす唯一のEVスポーツ」というキャッチフレーズに示されるとおり、最高出力292ps、最大トルク40.9kgmという圧倒的なアウトプットを誇り、0-96km/h加速タイムは、標準モデルで3.9秒、「Sport」では3.7秒をマーク。さらに「航続距離が短い」とされる電気自動車に対する先入観を打ち破る、394kmという足の長さでも話題になった。今回はそんなテスラ・ロードスターを動画でリポート。前編は車種紹介、後編では試乗インプレッションをお届けする。

【前編】熊倉重春がテスラ・ロードスターを解説

【後編】試乗インプレッション

(Report=熊倉重春)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2016.9.27 試乗記 電気自動車・テスラのラインナップにSUVの「モデルX」が加わった。史上最も安全で、速く、高機能なSUVを目指して開発されたモデルXは、世界的なSUV人気を追い風に、テスラの顔になりうるか?
  • マクラーレン720S 2017.3.8 画像・写真 マクラーレンは2017年3月8日、新型スポーツカー「720S」を国内初公開した。新開発のセンターモノコック「モノケージII」を初採用し、720psの4リッターV8ツインターボエンジンを搭載。車両価格は3338万3000円。その詳細を画像で紹介する。
  • 「テスラ・モデルS」がマイナーチェンジ リモート駐車が可能に 2016.5.18 自動車ニュース テスラモーターズジャパンは2016年5月18日、米国内で同年1月に提供が始まったスマートフォンによるリモート駐車(出庫および入庫)機能「サモン」が、日本仕様の「モデルS」でも利用できるようになったと発表した。同時に、マイナーチェンジして新デザインとなったモデルSの日本販売を開始。東京都内で最新型のモデルSを使ったサモン機能のデモンストレーションが披露された。
  • 「水野和敏的視点」 vol.54 「テスラ・モデルS」 2014.6.20 mobileCG “プレミアムEV”「テスラ・モデルS」にミスターGT-Rが試乗。その評価は……?
  • 初出展のテスラはセダン「モデルS」でアピール【東京モーターショー2013】 2013.11.21 自動車ニュース 初の「東京モーターショー」参加となるテスラは、セダン「モデルS」を出展した。
ホームへ戻る