アルピナB3Sビターボが仕様変更 新グレードも

2011.03.31 自動車ニュース
「BMWアルピナB3Sビターボ」
アルピナB3Sビターボが仕様変更 新グレードも

アルピナB3Sビターボが仕様変更 新グレードも

独アルピナの日本総代理店であるニコル・オートモビルズは2011年3月30日、「BMWアルピナB3Sビターボ」の仕様・装備を変更し、発売した。

写真左のカブリオレも、172万円のオプション扱いで選ぶことができる。
アルピナB3Sビターボが仕様変更 新グレードも

■84万6000円ぶんのオマケ

「BMWアルピナB3Sビターボ」は、「BMW 3シリーズ」をベースとするアルピナ社のハイパフォーマンスモデル。
3リッターターボエンジンはスペシャルチューニングにより410psと55.1kgmを発生、300km/hの最高速度を実現する。

今回新たに84万6000円相当の装備が追加され、これまでと同じ999万円で販売されることとなった。
具体的な品目は、以下の4点だ。

・ALPINAステアリングホイール LAVALINAレザー
・ALPINA CLASSIC(StylingIII)19インチホイール&タイヤセット
・iDrive ナビゲーションパッケージ2
・harman/kardon サラウンド・サウンド・システム

こちらは887万円からのプライスタグを付ける、エントリーグレード「BMWアルピナB3ビターボ」。
アルピナB3Sビターボが仕様変更 新グレードも

■廉価グレードも新設

これにあわせて、逆に「BMWアルピナB3Sビターボ」の基本装備を省いた新たなエントリーグレード、「BMWアルピナB3ビターボ」がカタログに加えられた。

一例を挙げれば、アルピナ車の特徴として知られるデコレーションラインが省かれるほか、インテリアのレザーやパイピングがやや廉価なものに変更され、レザーステアリングはオプション扱いに。19インチのアルミホイールも18インチにものに替えられる。

価格は、B3“S”よりも112万円安い、887万円となっている。

(webCG 関)

関連キーワード:
B3BMWアルピナBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • アルピナB3ビターボ リムジン(FR/8AT)【試乗記】 2013.10.21 試乗記 アルピナの新型「B3ビターボ」が、日本上陸を果たした。“至高の作品”とうたわれる、ハイパフォーマンスセダンの実力とは……?
  • ポルシェ911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.19 試乗記 複雑で精緻なオープンルーフ機構と、450psの高出力エンジンを備えた「ポルシェ911タルガ4 GTS」。ルックスと走りの両方で他のモデルとの違いを主張するこのクルマは、ポルシェ911シリーズの中でも最高のエンターテイナーだった。
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記
  • アルピナD3ビターボ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.10 試乗記