新型アルピナ「B5ビターボ ツーリング」受注開始

2011.03.31 自動車ニュース

新型アルピナ「B5ビターボ ツーリング」受注始まる

独アルピナの日本総代理店であるニコル・オートモビルズは2011年3月30日、アルピナブランドのニューモデル「BMWアルピナB5ビターボ ツーリング」の受注を開始した。

「BMWアルピナB5ビターボ ツーリング」は、現行型の「BMW 5シリーズ・ツーリング」をベースに、アルピナの手で独自に仕立て上げられたハイパフォーマンス・ワゴン。
先に発売されたセダン「BMWアルピナB5ビターボ リムジン」に続き、日本に導入されることとなった。

一番のキモは、520psと72.9kgmを発生する4.4リッターV8ツインターボエンジンだ。御本家BMWの「5シリーズ ツーリング」には目下V8モデルが存在せず、直6ターボエンジンを積む最上級グレード「535iツーリング」(306ps、40.8kgm)のパフォーマンスも、これに遠くおよばない。

アルピナブランドの先代モデルたる「B5ツーリング スーパーチャージ」(510ps、71.4kgm)と比べれば、最高出力と最大トルクで勝るものの、0-100km/hの加速タイムは4.8秒で変わらず。最高速度はわずかにひかえめ(?)な303km/hとなっている。

組み合わされるトランスミッションは8段ATのみ。心臓部のみならず、足まわりやインテリアにも、アルピナならではのカスタマイズが施される。

価格は、これまたBMW5シリーズ ツーリング(640〜865万円)を大きくしのぐ、1574万円。受注はすでに始まっており、日本国内でのデリバリー開始は年明け、2012年の初頭が予定されている。

(webCG 関)

「BMWアルピナB5ビターボ ツーリング」
「BMWアルピナB5ビターボ ツーリング」
 
新型アルピナ「B5ビターボ ツーリング」受注開始の画像
 
新型アルピナ「B5ビターボ ツーリング」受注開始の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
ホームへ戻る