ポルシェ、パナメーラに550psのターボS追加

2011.03.31 自動車ニュース

ポルシェ、550psの「パナメーラターボS」を追加設定

独ポルシェは、4ドアスポーツサルーン「パナメーラ」のラインナップに、「ターボ」よりさらにパワフルな「ターボS」を投入すると発表した。

「パナメーラターボS」は、シリーズ最強のエンジンと充実した装備により、パナメーラの新たなフラッグシップに位置づけられる新グレードだ。搭載される4.8リッターV8ツインターボエンジンは、「パナメーラターボ」の最高出力を50ps、最大トルクを50Nm(5.1kgm)上回る550ps、750Nm(76.5kgm)を発生する。新たに、より軽量なチタニウム・アルミニウム合金製タービンやコンプレッサーホイールを採用することでターボチャージャーを改良、素早いエンジンレスポンスを実現したという。

また、このV8ターボは、標準装備される「スポーツクロノパッケージ・ターボ」のモードで「スポーツ」または「スポーツプラス」を選択した場合や、キックダウンを行った際には、オーバーブースト機能が働き、最大トルクが800Nm(81.6kgm)に増加する。"最速ダッシュ"を実現するローンチコントロール機能を使った場合の0-100km/h加速タイムは3.8秒。最高速度は306km/hに達するとのことだ。

「ターボS」は、パフォーマンスで「ターボ」をしのぐ一方、燃費は同等の数値をマークするとうたわれる。これは、少ない燃料で大きなパワーと高い効率を実現する「ポルシェ・インテリジェント・パフォーマンス」コンセプトによりなし得たもの。同コンセプトは特定の技術を指すものではなく、さまざまな部品の高効率により低燃費を実現する開発理念のことで、これにより「ターボS」では、11.5リッター/100km(約8.7km/リッター)を実現したとのことだ。さらに、転がり抵抗を最適化したミシュラン製19インチ オールシーズンタイヤ(オプション)を装着すると、燃費は11.3リッター/100km(8.6km/リッター)にまで向上するという。(共に欧州NEDCモード)

走りの装備としては、コーナリング中のロールを抑制する「ポルシェ・ダイナミックシャシー・コントロールシステム(PDCC)」や、電子制御リアディファレンシャルとの組み合わせによりエンジントルクを左右のリアホイールに可変配分する「ポルシェ・トルク・ベクトリングプラス(PTV Plus)」、車速感応式の「サーボトロニック・ステアリングシステム」などが標準で備わる。

さらに、20インチターボIIホイールや拡大されたリアトレッド、ポルシェ・エクスクルーシブのデザインによるサイドスカート、ボディカラー同色仕上げの可変式2ピースリアスポイラー、ツートンカラーレザーインテリアなどにより、スポーティさとともに最上級モデルにふさわしい上質感が演出されている。

(webCG 曽宮)

「ポルシェ・パナメーラターボS」
ポルシェ、555psの「パラメーラターボS」を新設定

ポルシェ、555psの「パラメーラターボS」を新設定

ポルシェ、555psの「パラメーラターボS」を新設定

ポルシェ、555psの「パラメーラターボS」を新設定

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パナメーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る