SIM-Drive、第1号試作EV「SIM-LEI」発表

2011.03.30 自動車ニュース

SIM-Drive、第1号試作EV「SIM-LEI」発表

電気自動車(EV)ベンチャーのSIM-Driveは2011年3月29日、同社の事業から生まれた初のEV「SIM-LEI」を発表した。

SIM-Driveとは慶応大学の一研究室から生まれたEV開発のベンチャー企業。しかし目指すのはEVメーカーではない。国内外の企業や団体等が知恵を出し合うことによって、効率的かつ先進的なEVを開発・量産してもらおうというのが清水社長の目的だ。SIM-Driveは2009年設立のあと34機関(企業だけではない)が集い「先行開発車事業第1号」をスタート。2010年1月から共同開発が始まったが、その成果として結実したのが「SIM-LEI」というわけだ。

SIM-LEI(Leading Efficiency In-wheel motor)の最大の特徴は、EVで300km以上の航続距離を実現したこと。電池容量は24.9kWhと、すでに市販されている「日産リーフ」と同等。ではなぜJC08モードで333kmの航続性能を達成できたかというと、インホイールモーター、コンポーネントビルトイン式フレーム等の採用が大きいという。
4本のホイールの中にモーターを組み込むというインホイールモーターで、駆動ロスをきわめて少なくできるダイレクトドライブ方式を実現。SIM-LEIではさらにモーター内部の構造をアウターローターとすることで慣性モーメントを大きく、駆動トルクも大きくして定速走行を容易にした。また、回生エネルギーの回収効率を高めたことや、超低転がり抵抗タイヤ、超低空気抵抗ボディを採用したことも驚異的な航続性能に寄与しているという。

ちなみに交流電力消費率は77Wh/kmとなり、これをガソリン車に置き換えるとリッター70kmに相当するエネルギー消費率になるのだそうだ。
SIM-LEIのボディサイズは、全長×全幅×全高=4700×1600×1550mm。「日産セレナ」並みの全長に、「マーチ」より幅狭い全幅というように細長いプロポーションが特徴的。そして重量は1650kgで、軽量設計とはいっても「リーフ」(1520kg)よりも重い。これらから推測すると鈍重そうな印象を受けるが、驚くなかれ0-100km/h加速はなんと4.8秒で走りきるというから、スポーツカー並みの性能といえる。

SIM-LEIが今後発売に向けてどのような道を歩んでいくのかなど現時点ではまったく決まっていないが、EVの今後を占う意味でも、さらなる開発が期待される。なお、すでに「先行開発車事業第2号」のプロジェクトもスタートしている。

(文=尾澤英彦)

「SIM-LEI」
SIM-Driveの第1弾EV「SIM-LEI」発表

SIM-Driveの第1弾EV「SIM-LEI」発表
(内装の写真はコンピュータグラフィックによるもの)
SIM-Driveの第1弾EV「SIM-LEI」発表

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。