【スペック】全長×全幅×全高=4625×1890×1715mm/ホイールベース=2775mm/車重=1930kg/駆動方式=4WD/3リッター直6DOHC24バルブターボ(304ps/5600rpm、44.9kgm/2100-4200rpm)/価格=669万円(テスト車=同じ)

ボルボXC60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/6AT)【試乗記】

快適な高速ツアラー 2011.03.30 試乗記 ボルボXC60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/6AT)
……669万円

ボルボのスタイリッシュなSUVモデル「XC60」。さらに特別な内外装と足まわりが与えられた、「R-DESIGN」の実力とは……?

うれしいニュース

バケツの底が抜けたようなドシャぶりの雨。早朝の大手町。しぶきを上げながら迎えにに来てくれたのは、「ボルボXC60」。しゃれたSUVだ。

2001年に初代「S60」がデビューしてからこっち、イエテボリの自動車メーカーは、すっかりスタイリッシュ方面へと舵(かじ)をきった。「北欧デザイン」という言葉がよく似合うクルマをラインナップするようになった。2008年に登場したXC60もそうした流れに乗ったクルマで、S60をして「4ドアクーペ」と呼ぶならば、こちらは「SUVクーペ」とでも言うべきか。小股の切れ上がった流麗なスタイルがいい。フロントフェンダーのあたりから、シャッと入れられたキャラクターラインが、なかなか粋だ。

ボディサイズは、4625mmの全長に、1890mmの横幅。全高は1715mmとなる。ボルボ初のSUVとなった「XC90」の、穏やかで攻撃性の低いデザインに憧れて、でも「4.8mの全長に、あと6cmほどで2mに届く車幅はなぁ……」と、その大きさゆえに二の足を踏んでいたユーザーにとって、弟分XC60の誕生はうれしいニュースだっただろう。

とはいえ、いまや珍しくなったストレート6を横置きする(!)というレイアウトもあってか、XC60はイメージほどコンパクトなわけではない。「北米向けになって肥大化した」と評される「ホンダCR-V」がスッポリ入る、と言えば、その大きさが想像されようか。

雨に打たれるボルボXC60から水もしたたるいい男が降りてきたと思ったら、ただ濡れているだけだった。『webCG』編集部のSさんが、運転席を譲ってくれたのだ。そして、隣に乗り込むなり妙なことを言う。

シートは「R-DESIGN」専用のスポーツシートとなる。
シートは「R-DESIGN」専用のスポーツシートとなる。
心臓部は“素の”「T6 AWD」と同じ。304ps、44.9kgmを発生する3リッター直6が横置きされる。
心臓部は“素の”「T6 AWD」と同じ。304ps、44.9kgmを発生する3リッター直6が横置きされる。
写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます
写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る