新型「BMW X3」、2グレードで日本上陸

2011.03.29 自動車ニュース
新型「BMW X3」(写真は欧州仕様車)
新型「BMW X3」、2グレードで日本上陸

新型「BMW X3」、2グレードで日本上陸

BMWジャパンは2011年3月29日、SUVモデル「X3」の新型を日本に導入し、同日に発売した。

先代モデルとのツーショット。向かって左が先代モデルで、右側が新型。
先代モデルとのツーショット。向かって左が先代モデルで、右側が新型。
新型「BMW X3」、2グレードで日本上陸の画像

■やや大きく、広く

既報のとおり、昨2010年7月に公開された新型「BMW X3」が日本国内でも発売となった。「X1」「X5」などとともに、BMWのSUVファミリーを形成する基幹モデルのリニューアルである。

新型のエクステリアデザインは、“Xモデル”に共通する力強さを表現したというもの。キドニーグリルや4灯式ヘッドランプなどBMW車おなじみのディテールはそのままに、よりワイドで量感ある印象が強調され、ボンネットやサイドにはくっきりとしたキャラクターラインが入れられた。
ボディサイズ(日本仕様車)は、全長×全幅×全高=4650×1880×1675mmで、先代モデルに比べ85mm長く、25mm幅広い。ホイールベースは15mm延長されて2810mmとなっている。

いっぽう、連続したラインで広さ感を演出したというインテリアは、後席の足元スペースが20mm広がるなど、これまで以上のゆとりを確保。リアシートそのものも、6:4の分割可倒式から4:2:4の3分割式となり、乗員数と荷物の種類に柔軟に対応できるようになった。荷室容量も480〜1560リッターから550〜1600リッターへとアップしている。

インストゥルメントパネル中央には、8.8インチのワイド高精度カラーディスプレイが置かれる。
インストゥルメントパネル中央には、8.8インチのワイド高精度カラーディスプレイが置かれる。

新型「BMW X3」、2グレードで日本上陸の画像
新型「BMW X3」、2グレードで日本上陸の画像

■ハイテク装備もパワーアップ

日本に導入される新型「X3」は、「xDrive28i」と「xDrive35i」の2種類だ。前者は「528i(5シリーズ)」にも用いられる3リッターNAエンジン(258ps/6600rpm、31.6kgm/2600-3000rpm)を、後者は「535i(5シリーズ)」や「335i(3シリーズ)」と同じ3リッターターボエンジン(306ps/5800rpm、40.8kgm/1200-5000rpm)を搭載。どちらも8段ATが組み合わされ、四輪を駆動する。

走りのよさにこだわるBMWの定石どおり、前後の重量配分は50:50。走行中の速度域に応じて操舵(そうだ)に対するタイヤの切れ角を変える「バリアブル・スポーツ・ステアリング」や、トルクとブレーキを制御してコーナリング性能を高める「パフォーマンス・コントロール」、路面状況に応じて乗り心地を最適化させる「ダイナミック・ダンピング・コントロール」など、電子デバイスもさまざま用意される。
アイドリングストップ機構(xDrive35のみ)や、ブレーキングエネルギーの回生システムといったエコな機能も自慢である。

価格は、「xDrive28i」が598万円で、「xDrive35i」が694万円。

(webCG 関)

関連キーワード:
X3BMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW X5 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2014.1.8 試乗記 プレミアムSUVのパイオニア「BMW X5」が、通算で3代目となる新型に移行した。外観からは「キープコンセプト」に見える今回のモデルチェンジは「攻め」か「守り」か? 3リッターディーゼルエンジンを搭載する「X5 xDrive35d Mスポーツ」で箱根のワインディングロードを目指した。
  • BMW 540i xDriveツーリング Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.9.6 試乗記 2017年春に世界初公開された新型「BMW 5シリーズ ツーリング」のデリバリーが国内でスタート。その走りや使い勝手はどれほどのものか、最上級モデル「540i xDriveツーリング Mスポーツ」で確かめた。
  • BMW X5 xDrive35d xLine(4WD/8AT)【試乗記】 2014.3.11 試乗記 直6ディーゼルターボを搭載した「BMW X5」に試乗。モダンなパフォーマンスとクラシックなフィーリングを併せ持つ、その魅力に触れた。
  • スバルが「レガシィ アウトバック/B4」をマイナーチェンジ 2017.9.4 自動車ニュース スバルは2017年9月4日、「レガシィ アウトバック/B4」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。今回の改良では、運転支援システム「アイサイト」や走行性能の強化、内外装デザインのブラッシュアップが行われた。
  • 日産エクストレイル20X(3列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2017.9.8 試乗記 “自動運転”のフレーズを掲げる日産の運転支援システム「プロパイロット」が、マイナーチェンジを受けた「エクストレイル」に搭載された。言葉選びに慎重になるメーカーが多い中、あえて強気な姿勢を崩さない日産自慢のシステムの出来栄えは?
ホームへ戻る