開幕戦オーストラリアGP決勝結果【F1 2011 速報】

2011.03.27 自動車ニュース

【F1 2011 速報】開幕戦オーストラリアGP、王者ベッテルが完勝

F1世界選手権第1戦オーストラリアGP決勝が、2011年3月27日、オーストラリアのアルバートパーク・サーキット(5.303km)を58周して行われた。

ブリヂストンに代わる新しいコントロールタイヤとしてピレリが登場。さらにオーバーテイクを促進することが狙いの可変リアウイングの導入や、“運動エネルギー回収システム”ことKERSの復活など、話題に事欠かない2011年のF1シーズンは、昨年最年少チャンピオン記録を塗り替えたドイツ人ドライバーの完勝で幕を開けた。

レッドブル・ルノーのセバスチャン・ベッテルが、予選では圧倒的な速さでポールポジションを奪取、レースでは危なげない走りで優勝した。
2位はマクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトン。冬のテストで不調が伝えられたマクラーレンの新型「MP4-26」は、予想以上のパフォーマンスでディフェンディングチャンピオンに次ぐポジションを得た。
予想以上といえば、3位に入ったルノーのビタリー・ペトロフもそうだ。6番グリッドからすばらしいスタートを切り、終始安定したペースで走行。2年目にして自身初表彰台に立った。

オフシーズン中、レッドブルと並ぶ2強と目されていたフェラーリは、フェルナンド・アロンソ4位、フェリッペ・マッサ9位と振るわず。地元ファンの前で錦を飾りたかったレッドブルのマーク・ウェバーも精彩を欠き、5位に終わった。マクラーレンのジェンソン・バトンは、ドライブスルーペナルティも影響し、表彰台の可能性もあったが6位でフィニッシュしている。
今年デビューした4人のうち、今回もっとも成功したのはザウバー・フェラーリのセルジオ・ペレス。ライバルが2〜3ストップでゴールする中、1ストップで見事に走り切り初戦で7位入賞を果たした。ペレスのチームメイト、小林可夢偉が8位に続き、マッサ9位、トロロッソ・フェラーリのセバスチャン・ブエミが10位でゴールラインを通過した。

以下、11位エイドリアン・スーティル(フォースインディア・メルセデス)、12位ポール・ディ・レスタ(フォースインディア)、13位ハイメ・アルグエルスアリ(トロロッソ)、14位ニック・ハイドフェルド(ルノー)、15位ヤルノ・トゥルーリ(ロータス・ルノー)、16位ジェローム・ダンブロジオ(ヴァージン・コスワース)が完走した。

【追加更新】
レース後、ザウバーのリアウイングに規定違反が発覚したことで、7位ペレス、8位小林の失格が言い渡された。よってこれより後ろの順位が繰り上がり、マッサが7位、ブエミ8位、スーティル9位、ディ・レスタ10位が入賞した。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。