2気筒エンジン搭載の「フィアット500」発売

2011.03.24 自動車ニュース

2気筒エンジン搭載の「フィアット500」発売

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは2011年3月24日、新開発の2気筒エンジン「ツインエア」を搭載した「500」「500C」を日本に導入。同日に発売した。

既報のとおり、イタリアでは2010年9月から販売されている、2気筒エンジンを搭載した「フィアット500/500Cツインエア」が日本に上陸した。

本国では出力別に複数が用意される「ツインエア」ユニットだが、日本に導入されるのは、85ps/5500rpm、14.8kgm/1900rpmを発生する875cc直2ターボ、1種類。トランスミッションは、5段ATのみとなる。

この「ツインエア」には、「アルファ・ロメオ ミト」に採用された油圧式の吸気バルブ制御システム「マルチエア」が採用されており、環境性能、燃費性能がアップ。エントリーグレード「500ツインエア ポップ」における10・15モード燃費は21.8km/リッターで、CO2排出量も107g/kmに抑えられたとアピールされる。

装備面では、ボディ同色ヒーテッド電動ドアミラーやECOスイッチ、アイドリングストップシステムが見どころ。さらに上級モデル「ラウンジ」にはバイキセノンヘッドライトなどが標準で与えられる。

なお、現行ラインナップの1.4リッターモデル「1.4 16V」は、現在の在庫分で販売は終了するという。

価格は、以下のとおり。

・500ツインエア ポップ:215万円
・500ツインエア ラウンジ:245万円
・500Cツインエア ラウンジ:279万円

(webCG ワタナベ)

「500ツインエア ラウンジ」
「500ツインエア ラウンジ」

2気筒エンジン搭載の「フィアット500」発売の画像
「500Cツインエア ラウンジ」
「500Cツインエア ラウンジ」

関連キーワード:
500フィアット自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
ホームへ戻る