2気筒エンジン搭載の「フィアット500」発売

2011.03.24 自動車ニュース

2気筒エンジン搭載の「フィアット500」発売

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは2011年3月24日、新開発の2気筒エンジン「ツインエア」を搭載した「500」「500C」を日本に導入。同日に発売した。

既報のとおり、イタリアでは2010年9月から販売されている、2気筒エンジンを搭載した「フィアット500/500Cツインエア」が日本に上陸した。

本国では出力別に複数が用意される「ツインエア」ユニットだが、日本に導入されるのは、85ps/5500rpm、14.8kgm/1900rpmを発生する875cc直2ターボ、1種類。トランスミッションは、5段ATのみとなる。

この「ツインエア」には、「アルファ・ロメオ ミト」に採用された油圧式の吸気バルブ制御システム「マルチエア」が採用されており、環境性能、燃費性能がアップ。エントリーグレード「500ツインエア ポップ」における10・15モード燃費は21.8km/リッターで、CO2排出量も107g/kmに抑えられたとアピールされる。

装備面では、ボディ同色ヒーテッド電動ドアミラーやECOスイッチ、アイドリングストップシステムが見どころ。さらに上級モデル「ラウンジ」にはバイキセノンヘッドライトなどが標準で与えられる。

なお、現行ラインナップの1.4リッターモデル「1.4 16V」は、現在の在庫分で販売は終了するという。

価格は、以下のとおり。

・500ツインエア ポップ:215万円
・500ツインエア ラウンジ:245万円
・500Cツインエア ラウンジ:279万円

(webCG ワタナベ)

「500ツインエア ラウンジ」
「500ツインエア ラウンジ」

2気筒エンジン搭載の「フィアット500」発売の画像
「500Cツインエア ラウンジ」
「500Cツインエア ラウンジ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • フィアット500Xポップスタープラス(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2015.11.19 試乗記 フィアットが初めて手がけた“Bセグメント”のクロスオーバーSUV「500X」。1.4リッターFFモデルに試乗してわかった、走りの特徴や乗り心地、燃費などを、項目ごとに詳しく報告する。
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】NEW 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
ホームへ戻る