【スペック】全長×全幅×全高=4740×1930×1685mm/ホイールベース=2820mm/車重=2030kg/駆動方式=4WD/3.7リッターV6DOHC24バルブ(309ps/6500rpm、38.7kgm/4000rpm)/価格=630万円(テスト車=同じ)

リンカーンMKX(4WD/6AT)【試乗速報】

シンプルを極めろ 2011.03.23 試乗記 リンカーンMKX(4WD/6AT)
……630万円

リンカーンブランドのSUV「MKX」が大幅にリニューアル。上質さと先進性がアピールされる新型の走りを試した。

“デコ”られたニューモデル

われわれは高級なアメリカ車というと、とかく装飾性が強く、きらびやかで豪放な世界を想像しがちである。しかしあらためて振り返ってみれば、歴代のリンカーンに貫かれた美意識は、時代に応じて多少のブレはあるにしても、おおむねそれとは違っていたように思う。たとえば、ケネディ大統領が乗っていた1960年代前半の「コンチネンタル」あたりが、ちょっと古いがいい例だ。余計な装飾は廃され、面構成はひたすらシンプル。同時期のキャデラックと比べたらストイックなまでに機能美が前面に押し出され、モダンで嫌みのないスタイリングだった。

横方向いっぱいに広がったスクエアなフロントグリルを持つ先代「MKX」のデザインも、どことなくそれに共通した匂いがあり、個人的には憎からず思っていた。しかし今回登場した新型はちょっと違う。ボディのフォルムそのものに大きな変更はないが、鳥が羽を広げたような派手なグリル(スプリットウインググリルと言うのだそうだ)が装着され、見た目のイメージはだいぶ“デコ”方向に振られた。しかしこのグリルも、彼らのヘリテージから引用したもので、元ネタは1941年型「コンチネンタル」という。

ちなみにこのグリルは、2007年に発表されたサルーンのショーモデル「MKRコンセプト」でまず世に問われ、その後「MKZ」(中型セダン)、「MKS」(大型セダン)、「MKT」(大型クロスオーバー)といった量産車にすでに採用済みの、あちらではもはやリンカーンのファミリーフェイスとして定着しつつある“顔”である。「MKX」にいきなり与えられたものではない。当時、北米フォードでデザインの統括責任者の立場にあったのは、あのピーター・ホルベリー氏(現ボルボのデザイン責任者)である。


リンカーンMKX(4WD/6AT)【試乗速報】の画像

リンカーンMKX(4WD/6AT)【試乗速報】の画像
前後ともに245/60R18インチのM+Sタイヤを装着する。
前後ともに245/60R18インチのM+Sタイヤを装着する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MKXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • リンカーン・ナビゲーター(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.5 試乗記 アメリカが誇るフルサイズSUVにもエコの波が到来? 伝統のV8に代えて、新たに3.5リッターV6ツインターボエンジンを搭載した「リンカーン・ナビゲーター」に試乗。その出来栄えに触れ、最新のダウンサイジングターボにできること、できないこととを確かめた。
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.14 試乗記 キャデラックの新しいフラッグシップセダンにして、新世代製品群の第1弾である「CT6」。新開発のプラットフォームと高出力のV6エンジン、後輪操舵をはじめとした姿勢制御システムがかなえる、他のフルサイズセダンとは一味違う走りをリポートする。
  • 第29回 ディーゼルはまだ死なず! 2017.2.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第29回は「ディーゼルはまだ死なず!」。4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? をテーマにお届けしている当連載。取材を続ける筆者が輸入車試乗会で出会った快音ディーゼル車とは?
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
ホームへ戻る