第185回:「大矢アキオ さすらいのジュネーブショー2011」(後編) 来年はハリボテ・コンパニオンがお出迎え?

2011.03.19 エッセイ

第185回:「大矢アキオ さすらいのジュネーブショー2011」(後編) 来年はハリボテ・コンパニオンがお出迎え?

予想を上回った入場者数

第81回ジュネーブモーターショーが2011年3月13日に閉幕した。入場者数は目標の70万人を上回る73万5000人で、前年比6パーセント増だったという。
そういえばボクの知り合いのおじさんも、イタリアのコモから早朝出発で往復8時間、700kmの見物ツーリングをした。このおじさん、「アルファ・ロメオ4Cコンセプト」を見るのが目的だった。たしかに今年は市販を前提としたコンセプトカーが目立ったのも、来場者を増やした背景にあるだろう。

さて、そのジュネーブショー訪問記、第2回目である。
「報道関係者の総入場も1万人にのぼった」というデータに裏付けられるように、プレスデイも大にぎわいだった。
27km離れたフランス側の安宿でダラダラ起きてチンタラやってきたボクを待ち受けていたのは、駐車場の大渋滞だった。優に1時間ほどはまってしまったうえ、遠い駐車場にまわされてしまった。

仕方がないので、駐車場からパビリオンに至る通路を歩く。すると、矢印を抱えたコンパニオンの写真がたくさん立てられていることに気づいた。欧州系タイヤメーカーの提供らしい。このままだと、来年あたりは、立体、つまり「はりぼて」のコンパニオンフィギュアがお出迎えか?
そんな冗談を考えながらローアングルから撮影していたら、かのレオナルド・フィオラヴァンティ氏に見つかってしまった。こういうことだから、ボクはイタリア自動車社交界における地位が向上しない。

ルノーは、50周年を迎える「ルノー4L(キャトル)」を壁面に埋め込んだ。
ルノーは、50周年を迎える「ルノー4L(キャトル)」を壁面に埋め込んだ。
ショー会場の通路に現れた、もの言わぬ案内嬢。
ショー会場の通路に現れた、もの言わぬ案内嬢。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。