ホンダ、アジア向け小型車「ブリオ」を発表

2011.03.18 自動車ニュース

ホンダ、アジア向けエントリーカー「ブリオ」を発表

本田技研工業は2011年3月17日、タイ、インドなどアジア市場向けに開発した新型コンパクトカー「ブリオ」を発表した。5月下旬にタイ国内で発売し、今年後半からインドでも生産・販売を始める予定だ。

「ブリオ」は、タイやインドなど、アジア地域を中心に拡大しているエントリーカー市場(クルマを初めて購入する層をターゲットとする市場)を狙ってホンダが開発した新型車だ。

タイ現地法人ホンダオートモービル(タイランド)のアユタヤ工場で生産され、初年度は14万台の生産が予定されている。2011年後半からはインドでの生産もスタート、周辺の国々への輸出も計画される。

「ブリオ」のボディサイズは、全長×全幅×全高=3610×1680×1485mm。ホンダの“M・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想”にのっとり、扱いやすいボディサイズと広々した車内空間の両立が目指された。

エンジンは、1.2リッターi-VTECエンジンを搭載。タイ政府のエコカー認定基準である5リッター/100km(20km/リッター)を超える燃費性能と、欧州のEuro4排出ガス基準をパスする環境性能を実現したという。

価格は、39万9900バーツ(約108万円)から設定される。

(webCG 曽宮)

「ホンダ・ブリオ」
ホンダ、アジア向けエントリーカー「ブリオ」を発表
ホンダ、アジア向けエントリーカー「ブリオ」を発表
ホンダ、アジア向けエントリーカー「ブリオ」を発表
ホンダ、アジア向けエントリーカー「ブリオ」を発表

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。