第425回:もしや物凄い追い風なのかも? 日産リーフ&太陽光発電で考えるクルマ自給自足生活

2011.03.18 エッセイ

第425回:もしや物凄い追い風なのかも?日産リーフ&太陽光発電で考えるクルマ自給自足生活

2010年12月末に販売がスタートした、日産の電気自動車「リーフ」。
第425回:一体なんなんだリーフって?その異様人気が物語る現代社会のビョーキ
3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響で、物資の流通は停滞。都内でも、多くのクルマがガソリンスタンドに行列をつくる光景が見られた。
第425回:一体なんなんだリーフって?その異様人気が物語る現代社会のビョーキ

ついつい考えちゃうクルマの未来

被災者のみなさま、心よりお見舞い申し上げます。

しかし、物凄く考えちゃいますね。この数日間。言わずと知れた地震&原発問題だけど、先日乗った「日産リーフ」、考えようによっちゃ物凄い“追い風”かもしれない……って思ってしまいました。

えっ、航続距離、理想的にいって200km、普通に運転すれば100km程度のクルマでしょ? こういう状況じゃますます使えなくなるじゃん! って思うかもしれないけど、そういう問題ではありません。この数日間で痛感したのは、クルマはやっぱクルマ単体だけでは語れない……ってこと。乱発するガソリンスタンド渋滞をみれば分かるように、クルマはインフラあってのモノなわけですよ。当たり前の話。

ゼロヨン3秒台の「GT-R」だろうが、満タンでヘタすると1000km以上走れる「プリウス」だろうが、ガソリンを補給できなければ一瞬にして無用の長物となる。単なる置物になる。
ところがこの「リーフ」、いや「三菱i-MiEV」もそうだけど、ガソリンスタンドに頼らずとも走る。急速充電機も確かに欲しいけど、時間さえゆるせば自宅充電でOK。これって、物凄い魅力なわけですよ。ウチのマンションだと電源なくて無理! とかいうケースもあるけどね。

一方「今みたいな緊急事態、節電が求められるジャン! 不謹慎だよ!!」という声もあるのは重々承知してる。
違うんですね。不肖小沢が考えちゃったのはリーフと自家発電、つまり“太陽光発電”との組み合わせ。今、技術的進歩と同時に、補助金ばやりなこともあって、今まで200万円以上した2.5kW発電レベルのヤツが100万円台、それも100万円台前半レベルで付けられる。そうなると、自宅電源として10年前後で元が取れる可能性があるうえ、昼間、電気を使わない間に駐車中の電気自動車に直接充電できるとなると、メチャクチャ魅力的になってくる。


第425回:一体なんなんだリーフって?その異様人気が物語る現代社会のビョーキ
「リーフ」のカーナビ画面。残りのバッテリーでどこまで到達できるかを、地図上で把握することができる。
第425回:一体なんなんだリーフって?その異様人気が物語る現代社会のビョーキ

キブン的にほぼエネルギー代タダでクルマを使える上、こういう非常時、ガソリンスタンドに並ばずに済むし、“無駄使いしてる”って精神的負担も減るわけですよ。自給自足、自分の土地、自分の屋根で作ったエネルギーで走れるわけだからね。

100km程度しか走れないとしても、それくらいの不便さは許せるじゃないですか。社会的負担の少なさを考えると。
このヘンの感覚は人にもよるし、不肖小沢、独特の受け止め方かもしれないけど、いま現実に「スタンドに並ばずに済む」というEV特有の性能がクローズアップされてるのは事実。人に迷惑をかけずに自由に乗れる、遠慮せずに乗れるって物凄く魅力的だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』