被災地で通れた道の情報、トヨタも提供

2011.03.17 自動車ニュース

被災地で通れた道の情報、トヨタも提供

トヨタ自動車は、G-BOOKプローブ情報を活用し、東北地方太平洋沖地震被災地周辺の通行可能道路を示すサービスを開始した。

これは、被災地域における移動をより円滑にするためのサービスで、ホンダとGoogleが提携して行うものと同様、実際の車両の運行データを地図に反映させ、道路状況の把握に役立てようというものだ。

利用に際しては、地図データ(Google Earth)と運行実績情報(KMZファイル)をPCに取り込む必要がある。

詳しくは、以下のウェブサイトにて。

■「通れた道マップ」利用案内
http://g-book.com/pc/spot/Tohoku-Jishin.asp

(webCG 関)

被災地域の道路通行実績が見られるトヨタのサービス「通れた道マップ」の閲覧画面。
被災地で通れた道の情報、トヨタも提供

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。