【スペック】全長×全幅×全高=4105×1790×1550mm/ホイールベース=2595mm/車重=1360kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(122ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm)/価格=312万円(テスト車=315万9000円/クロームラインインテリア=2万2000円/ホワイト・ターン・シグナル・ライト=1万4000円/スモーカーズパッケージ=3000円)

MINIクーパー クロスオーバー(FF/6AT)【試乗記】

ぜんぜん、MINI。 2011.03.16 試乗記 MINIクーパー クロスオーバー(FF/6AT)
……315万9000円

MINIファミリーのニューモデル「クロスオーバー」の売れ筋グレードに試乗。その走りと使い勝手をリポートする。

ズルいクルマ

駐車場に行くと、新しい「BMW5シリーズ」の横に「MINIクーパー クロスオーバー」が止まっていた。両車を見比べると、何となくほほ笑ましい。「同じ自動車メーカーの製品」という先入観もあるのだろうが、ブランドも性格もまるで違う2車なのに、おでこのあたり(ボンネットの前端付近)のふくらみがよく似ている。歩行者保護に関するアプローチが同じだからだろう。
「最近のクルマは、機能より安全や環境要件によってカタチが決められる」とわかったようなことをツブやきながら、同時に、すっかり聞き飽きたフレーズがまたしても頭のなかに浮かんできた。

「MINI、ぜんぜんミニじゃないじゃん」

日本市場向けに、わずかに低められたとはいえ、MINIクロスオーバーの車高は1550mm。高級セダンの隣に置かれてもなかなか存在感があって、「これでMINIっていうのはズルいよなあ」と思った。さらにもうひとつ、「ズルいよなあ」と言いたくなることがある。

MINIクーパー クロスオーバーのサイズは、全長が4105mm、全幅1790mm、全高が1550mmである。国内ではあまり比較する対象にならないかもしれないが、「日産ジューク」の全長×全幅×全高=4135×1765×1570mmに近い数字だ。
「新しさ」を求めてSUV風味を一振り……というのは、デザイナーの常とう手段のひとつ。そもそも「SUV」という分野自体、「乗用車ベースのクロカン風モデル」と解釈することもできるから、SUVのサイズが、「フォード・エクスプローラー」や「レクサスRX(旧トヨタ・ハリアー)」、(北米市場では)コンパクトな「トヨタRAV4」や「ホンダCR-V」などを経て、さらにハンディなサイズにまで降りてきたと考えてもいい。呼び名は「クロスオーバー」と変わったが。
全長4100mm前後のSUV/クロスオーバー市場に参入するにあたって、MINIクロスオーバーが「ズルい」と思ったのは、もとよりMINIが備えているアドバンテージについてである。


MINIクーパー クロスオーバー(FF/6AT)【試乗記】の画像
フェンダー上の透明なターンランプ「ホワイト・ターン・シグナル・ライト」 は、1万4000円のオプション。
フェンダー上の透明なターンランプ「ホワイト・ターン・シグナル・ライト」
は、1万4000円のオプション。
インテリアの様子。シート表皮やドアパネルは、グレードによるものの、ベージュやこげ茶、赤や青も選ぶことができる。
インテリアの様子。シート表皮やドアパネルは、グレードによるものの、ベージュやこげ茶、赤や青も選ぶことができる。
写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます
写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます
関連記事
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
ホームへ戻る