【スペック】全長×全幅×全高=4105×1790×1550mm/ホイールベース=2595mm/車重=1360kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(122ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm)/価格=312万円(テスト車=315万9000円/クロームラインインテリア=2万2000円/ホワイト・ターン・シグナル・ライト=1万4000円/スモーカーズパッケージ=3000円)

MINIクーパー クロスオーバー(FF/6AT)【試乗記】

ぜんぜん、MINI。 2011.03.16 試乗記 MINIクーパー クロスオーバー(FF/6AT)
……315万9000円

MINIファミリーのニューモデル「クロスオーバー」の売れ筋グレードに試乗。その走りと使い勝手をリポートする。

ズルいクルマ

駐車場に行くと、新しい「BMW5シリーズ」の横に「MINIクーパー クロスオーバー」が止まっていた。両車を見比べると、何となくほほ笑ましい。「同じ自動車メーカーの製品」という先入観もあるのだろうが、ブランドも性格もまるで違う2車なのに、おでこのあたり(ボンネットの前端付近)のふくらみがよく似ている。歩行者保護に関するアプローチが同じだからだろう。
「最近のクルマは、機能より安全や環境要件によってカタチが決められる」とわかったようなことをツブやきながら、同時に、すっかり聞き飽きたフレーズがまたしても頭のなかに浮かんできた。

「MINI、ぜんぜんミニじゃないじゃん」

日本市場向けに、わずかに低められたとはいえ、MINIクロスオーバーの車高は1550mm。高級セダンの隣に置かれてもなかなか存在感があって、「これでMINIっていうのはズルいよなあ」と思った。さらにもうひとつ、「ズルいよなあ」と言いたくなることがある。

MINIクーパー クロスオーバーのサイズは、全長が4105mm、全幅1790mm、全高が1550mmである。国内ではあまり比較する対象にならないかもしれないが、「日産ジューク」の全長×全幅×全高=4135×1765×1570mmに近い数字だ。
「新しさ」を求めてSUV風味を一振り……というのは、デザイナーの常とう手段のひとつ。そもそも「SUV」という分野自体、「乗用車ベースのクロカン風モデル」と解釈することもできるから、SUVのサイズが、「フォード・エクスプローラー」や「レクサスRX(旧トヨタ・ハリアー)」、(北米市場では)コンパクトな「トヨタRAV4」や「ホンダCR-V」などを経て、さらにハンディなサイズにまで降りてきたと考えてもいい。呼び名は「クロスオーバー」と変わったが。
全長4100mm前後のSUV/クロスオーバー市場に参入するにあたって、MINIクロスオーバーが「ズルい」と思ったのは、もとよりMINIが備えているアドバンテージについてである。


MINIクーパー クロスオーバー(FF/6AT)【試乗記】の画像
フェンダー上の透明なターンランプ「ホワイト・ターン・シグナル・ライト」 は、1万4000円のオプション。
フェンダー上の透明なターンランプ「ホワイト・ターン・シグナル・ライト」
は、1万4000円のオプション。
インテリアの様子。シート表皮やドアパネルは、グレードによるものの、ベージュやこげ茶、赤や青も選ぶことができる。
インテリアの様子。シート表皮やドアパネルは、グレードによるものの、ベージュやこげ茶、赤や青も選ぶことができる。
写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます
写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクロスオーバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.2.3 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドール」がさらなるパワーと洗練を得て「アヴェンタドールS」に進化。同社史上最速とうたわれた「アヴェンタドールSV」の領域に近づいたファイティングブルの実力をスペイン・バレンシアで解き放った。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る