BMW、新型「6シリーズクーペ」の概要を発表

2011.03.15 自動車ニュース
「BMW6シリーズクーペ」
独BMW、「6シリーズクーペ」を発表

独BMW、新型「6シリーズクーペ」の概要を発表

独BMWは、ラグジュアリー2+2シータースポーツモデル、新型「6シリーズクーペ」の概要を発表した。

2011年のジュネーブショーで発表された新型「6シリーズクーペ」の詳細が明らかになった。1976年にデビューし「世界一美しいクーペ」と称された初代以来、3代目となる6シリーズは、欧州で2011年秋に販売が開始され、「640iクーペ」と「650iクーペ」の2モデルが設定される予定だ。

最新のBMWデザインが採り入れられたボディは、全長×全幅×全高=4894×1894×1369mmと、先代モデルより74mm長く、39mm幅広く、5mm低くなった。75mm延長され、2855mmとなったホイールベースは、後席スペースの余裕にも寄与する。

スポーツカーの典型であるロングノーズ・ショートデッキのデザインアプローチは、フロントグリルの傾斜が若干強められるなど、"シャークノーズ(サメの鼻先)"デザインをさらに強調したものとなった。

640iクーペには、排気量3リッターの直列6気筒直噴ターボエンジンを搭載。「740i」にも搭載されるこのエンジンは、最高出力326ps/5800rpm、最大トルク45.9kgm/1300-4500rpmを発生。0-100km/h加速を、わずか5.4秒でこなす。また、640iクーペには、エンジンの冷却が最低限しか必要ない場合にグリルのエアフラップが閉じて、空力性能を向上させる「アクティブ・エアフラップ・コントロール」や、アイドリングストップ機構「オートスタートストップ」が標準装備され、燃費向上が図られている。またボタンひとつでECUのマッピングやオートマチックのギアチェンジタイミングを変化させられる「ドライブ・ダイナミック・コントロール」には「ECO PRO」モードと呼ばれるエコモードが備わり、省エネ運転が簡単にできるようになった。EU計測モードによる燃費値は、7.7リッター/100km(13.0km/リッター)となっている。

上級グレードの650iクーペには、排気量4.4リッターのV8ツインターボエンジンが積まれる。最高出力407ps/5500-6400rpm、最大トルク61.2kgm/1750-4500rpmを発生。0-100km/h加速は4.9秒と、本格スポーツカー並の速さを手にしている。燃費は、10.4リッター/100km(9.6km/リッター)と公表される。

シャシーは、フロントがダブルウイッシュボーン式、リアはインテグラルアーム式。新設計のこのサスペンションは、大部分が軽量なアルミニウム素材で構成される。オプションで用意される「ダイナミック・ダンパー・コントロール」は、電子制御により路面状況にあわせて減衰力を無段階に変化させるもの。なおパワーステアリングは、2代目と同様に電動アシスト式で、速度に応じてギア比が変化する「アクティブステアリング」はオプションとして用意される。

■【Movie】新型「BMW6シリーズクーペ」

(webCG 曽宮)

関連キーワード:
6シリーズ クーペBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.1.18 試乗記 強力なV8ツインターボエンジンとプラグインハイブリッド機構を搭載した「ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ」。走りと環境性能という“本音と建前”を技術の力で両立させた、新世代ポルシェの旗手を試す。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
ホームへ戻る