【スペック】全長×全幅×全高=4855×1910×1690mm/ホイールベース=2810mm/車重=2080kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブ(269ps/6950rpm、30.8kgm/5100rpm)/価格=599万円(テスト車=620万円/リアシートエンターテイメントシステム=21万円)

キャデラックSRXクロスオーバー プレミアム(4WD/6AT)【試乗記】

キャデラックの新境地 2011.03.14 試乗記 キャデラックSRXクロスオーバー プレミアム(4WD/6AT)
……620万円

「クロスオーバー」の名を背負う、2代目「SRX」が日本上陸。新型プレミアムSUVはどのように変わったか? その走りを試した。

価格もダウンサイズ!?

このキャデラックの新しいSUVはもちろん、従来の「SRX」の後継機種である。しかし、車名の末尾に新しく“クロスオーバー”という単語が追加された。これは単純に気分転換の改名ではなく、「先代とはちがうクルマになった」と明確にアピールするためと思われる。

驚くべきことに……というか、いかにも今っぽいというか、あるいはこれが経営破綻を経た新生GMなのか、とにかく新型「SRXクロスオーバー」は、先代のSRXに対してボディが小さくなった。それにともない3列7人仕様は廃止されて、エンジンもV8をなくしてV6に統一。しかも、基本レイアウトも縦置きFRベースから横置きFFベースに大転換。GMでいうところの「アーキテクチャー(プラットフォーム)」は先代の“シグマ”から“シータ”に宗旨替えである。

もっとも、設計年次の違いもあって、実際の明らかなダウンサイズは全長だけで、意外にも車重もほとんど軽くなっていないが、3.6リッターだったV6エンジンの排気量は3リッターまで縮小。さらには価格も約100万円ダウン! キャデラックが競合しようとしているブランドでいえば、先代SRXが「ポルシェ・カイエン」や「BMW X5」を仮想敵としていたのに対して、新しいクロスオーバーは「レクサスRX」あたりをおおいに意識しているのだろう。
それはともかく、よりにもよってキャデラック(失礼!)が、ダウンサイズにデフレ戦略……にいち早く打って出たとは興味深い。

前席には前後高さなどの調節が可能な8ウェイパワーシートやシートヒーター、ベンチレーション機能を装備。内装色はブラックも選べる。
キャデラックSRXクロスオーバー プレミアム(4WD/6AT)【短評】

キャデラックSRXクロスオーバー プレミアム(4WD/6AT)【短評】

キャデラックSRXクロスオーバー プレミアム(4WD/6AT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.4.4 試乗記 全長およそ5.2mという巨体を誇るキャデラックの旗艦モデル「エスカレード」が、2016年モデルに進化。大幅に機能が強化されたインフォテインメントシステムの実力を、アメリカンフルサイズSUVならではの魅力と合わせてリポートする。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • シボレー・カマロ 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る