第184回:「大矢アキオ さすらいのジュネーブショー2011」(前編) 映画「タッカー」の現代版を見た?

2011.03.12 エッセイ

第184回:「大矢アキオ さすらいのジュネーブショー2011」(前編) 映画「タッカー」の現代版を見た?

第81回ジュネーブモーターショー会場の様子。
第184回:「大矢アキオ さすらいのジュネーブショー2011」(前編) 現代版「タッカー」を見た?

クルマのミスコン!?

井上陽水に「ミスコンテスト」という曲があった。
「たよりなさそうな 司会者がさけぶ」「誰がナンバーワン」……といった歌詞で、虚構と美辞麗句に満ちた美人コンクールの模様をシニカルに描いた作品である。

第81回ジュネーブモーターショーが2011年3月1日に開幕した。世界初・欧州初・スイス初を合わせると、今年その数は160台以上にのぼる。昨2010年の約150台を上回る数だ。
高出力・ミドシップエンジン・後輪駆動といった、伝統的なファクターで訴求するメーカーが多くみられたのは、リーマンショック以降の2009年、2010年度が環境・低燃費技術に大きく傾いたのに対する揺り戻しといえよう。

しかしながら、記者発表やプレスリリースで語られる言葉は、「低燃費」「環境」「走る楽しさ」「軽量化」「未来」「ダイナミクス」といった、紋切り型のニュアンスが支配していた。にもかかわらず新しいクルマがスモークとともに登場するたび、ステージの周囲からは拍手喝采が沸く。
「わが社の新型車は日本で売れそうか?」と聞かれたら、あまり悲観的なことを言うのはふさわしくないムードが漂っている。そうしたシチュエーションに遭遇するたび、例の「ミスコンテスト」の歌詞を思い出して、「ああ、これはクルマのミスコンテストじゃないか」と思ってしまうボクなのである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。