第424回:ついに出現! プリウスミニバン
コイツはもはやハイブリッドファシズムだ!?

2011.03.11 エッセイ

第424回:遂に出現! プリウスミニバンコイツはもはやハイブリッドファシズムだ!?

オマエは「ドラえもん」か?

いやはや恐ろしいものを見てしまった気がしましたね。プリウスミニバン&ワゴン、正確には「プリウス スペース コンセプト」。

既にデトロイトショーやジュネーブショーで発表されてるクルマだけど、日本でもいよいよ4月下旬に発売! って話で、都内のテストコースでチョイノリしてきたんだけど、本気も本気、超本気!
というのも最初は、「プリウス」の後ろにちょっと荷室付けて、拡大したおキラクなヤツだと思ってたわけですよ。それはそれでも十分驚異的だけどね。

と思ったらほとんど作り直しなのよ! まずビックリしたのはインパネで、運転席に座ったとたんに「あれれ?」。
確かにグレーと紺のツートンな感じとか、ステアリングホイールとか、樹脂の素材感は変わらないけど、ビミョーかつ確実に実用的になってる。広々感のあったT字型インパネは、フロアとのつなぎが途切れてフツーにインパネシフト式になってるし、全体に表面が垂直化。薄くてカッコ良さ優先だったセンターメーターは大きく見やすくダサい(!?)ものになってるし、空気吹き出し口も明らかに真四角系。見事、実用的になってます。

そのほか、運転席の足元には物入れありまくりで、ドアポケットまで大きくなってるし、なにより運転席と助手席の間のセンターコンソールには大きなボックスがドドーン! と。
聞けばコイツは、7人乗り仕様のミニバンの場合は新たにリチウムイオン電池が入るそうで、なんともまあ世知辛いこと。最近久しく乗ってないけど、「エスティマハイブリッド」なんかと同じ手法で、正直、エレガントさは感じられない。収納のちまちました拡大もそうだけど、いままで必死に美しくみせていた世界最良のハイブリッドカー=プリウスもなりふりかまってられない! って感じがヒシヒシ。
言わば、今までポケットすら付いてないドレス着てたモデルさんが、オマエはドラえもんか! って感じのオーバーオールでも着ちゃったようでその変貌ぶりはお見事。 

というか、3列シートのミニバンと同時に、2列シートのステーションワゴン版も発表し、そっちは現行プリウス同様、従来型のニッケル水素電池を荷室に配置するという見事な作り分け。この辺の緻密な配慮に驚きましたな。派生車種ともいえど手抜き一切なしで「従来のメカニズムを無駄なく生かそう」といういかにも日本人的な思考に恐れ入る。

2011年4月末の発売が予定される、トヨタの新型ハイブリッド。いまは仮に「プリウス スペース コンセプト」の名で呼ばれる。
第423回:遂に出現! プリウスミニバンコイツはもはやハイブリッドファシズムだ!?
運転席まわりの様子。インテリアのパーツは、ボタン類など細かなものを除き「プリウス」からの流用はなし。ほぼ全てが新たに製作されたという。
第423回:遂に出現! プリウスミニバンコイツはもはやハイブリッドファシズムだ!?
運転席と助手席の間には、リチウムイオンバッテリーが収まる(7人乗り仕様車)。ティッシュボックスも入れられる上部の収納スペースにはこだわったとのこと。
第423回:遂に出現! プリウスミニバンコイツはもはやハイブリッドファシズムだ!?

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』