【スペック】全長×全幅×全高=4347×1801×1285mm/ホイールベース=2415mm/車重=1295kg/駆動方式=MR/3.4リッター水平対向6DOHC24バルブ(330ps/7400rpm、37.7kgm/4750rpm)(欧州仕様車)

ポルシェ・ケイマンR(MR/6MT)【海外試乗記】

我慢はいらない 2011.03.11 試乗記 ポルシェ・ケイマンR(MR/6MT)

軽量化とパワーアップが施された「ケイマン」の最強グレード「ケイマンR」が登場。その実力をスペイン・マヨルカ島で試した。

ミドシップクーペのフラッグシップ

ベースの「S」グレード比で80kgの軽量化と10psのパワーアップ。さらに、20mmのローダウンサス採用などと手が加えられた「ボクスタースパイダー」を初めてドライブした時、まるで厚手のコートを脱ぎ捨てたかのようなあまりの身軽さに、「これこそポルシェが“本当に作りたかったボクスター”なのではないか!?」と、心底そう感じたものだった。あれから1年と少々。今度は同じ軽量版のミドシップポルシェがテーマでも、俎上(そじょう)に乗るのはクーペの「ケイマン」だ。

「ミドシップクーペの新しいフラッグシップ」を合言葉に開発されたという最新のケイマンが選んだ軽量化へのアプローチは、前出ボクスタースパイダーの場合とウリふたつ。ドアパネルのアルミ化や軽量バケットシートの採用、エアコンやオーディオのオプション化などによって手にした減量分は55kg。ボクスタースパイダーの80kgに差をつけられたのは、向こうには手動着脱式のソフトトップという、減量効果がすこぶる大きなアイテムが存在していたからだ。

フロントのリップスポイラーやブラックフレーム付きのヘッドライトなどが専用装備とされる「ケイマンR」だが、エクステリア上の個性をより明確にアピールするのは、フロントのバンパーサイドからドア下部へと伸びたデカールと、リトラクタブル式から固定式へと改められたリアのスポイラー。前者は、そのモデル名に「R」の文字が初めて盛り込まれた1967年式「911R」へのオマージュから採用されたデザインだし、後者は電動機構を省くことで軽量化に貢献するとともに、揚力を40%ダウンさせるという実利面も備えたもの。そんなケイマンRのインテリアは、例の軽量バケットシートの採用やドアポケットの廃止などでよりスパルタンな印象が強められた。メーターフードの廃止やドアオープナーのストラップ化などは、このモデルがこだわった軽量化への取り組みをシンボライズしたものだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ケイマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2016.5.4 試乗記 3リッターの直噴ターボエンジンや、より洗練されたシャシーなど、各所に最新の技術が取り入れられた「ポルシェ911カレラ」に試乗。余計な装備の付いていない“素”のモデルだからこそ感じることができた、最新911の本質を報告する。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 A Life with PORSCHE CAYMAN<PR> 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る