ザガート仕立ての「フィアット500」が登場【ジュネーブショー2011】

2011.03.08 自動車ニュース
「500クーペ ザガート」
ザガート仕立ての「フィアット500」が登場【ジュネーブショー2011】

【ジュネーブショー2011】ザガート仕立ての「フィアット500」が登場

伊フィアットは、2011年3月1日に開幕したジュネーブショーに、コンセプトカー「500クーペ ザガート」を出展した。


ザガート仕立ての「フィアット500」が登場【ジュネーブショー2011】

「500クーペ ザガート」は、フィアットのコンパクトカー「500」をベースに、同社のデザイン部門(チェントロ スティーレ)とイタリアのカロッツェリアである「ザガート」が協力してデザインしたコンセプトカーだ。

前後のバンパーまわりをはじめ、「ダブルハンプ」と呼ばれるこぶ状のルーフライン、リアクオーターウィンドウからCピラーにかけての造形は独自のものとされ、足元にはダブルスポークデザインの17インチ「クロームシャドーホイール」を採用。「フィアット500のシルエットを生かしつつ、一層強烈な魅力を与えた」(プレスリリース)という。
三層仕上げの明るいボディカラー(ポップイエロー)も、さらにその個性を強調する。

インテリアもまた、ハイテクファブリック素材とイエローのシャモア革を使ったコンビシートや、エコクローム仕上げのダッシュボード、ダークカラーのルーフライニングなどからなる、スポーティな仕立て。
パワーユニットは、同社が“スポーティなコンパクトカーにはもってこい”と評する、105psの875cc2気筒ターボユニット「ツインエア」だ。

そんな特別仕立てのチンクエチェントは、フィアットによれば、「若い活動的な男性がターゲットであるものの、スタイリングに工夫を凝らしたことで、女性ドライバーのニーズにも応えられるクルマ」とのことである。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フィアット500ツインエア ラウンジ(FF/5AT)【レビュー】 2016.4.1 試乗記 2007年のデビュー以来、初のビッグマイナーチェンジが加えられたフィアットのコンパクトカー「500」。イタリアを代表する自動車界の“愛されキャラ”は、大幅改良によって何がどう変わったのか? その変化の内容をリポートする。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • フィアット500 1.4 16V ポップ(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2008.7.28 試乗記 ……220.0万円
    総合評価……★★★★

    1.2リッターのみラインナップしていた「フィアット500」に、1.4リッターモデルが追加された。排気量200ccの差は、実際の走りにどんな違いをもたらすのか?
  • フィアット500 1.2 スポーツ(FF/5MT)【試乗記】 2011.1.10 試乗記 フィアット500 1.2 スポーツ(FF/5MT)
    ……213万円

    「フィアット500」に、シリーズ唯一となるMTモデルが追加された。伝統的なトランスミッションは、小さなイタリア車の走りをどのように変えるのか?
  • フィアット500ツインエア スポーツプラス(FF/5MT)【試乗記】 2012.10.3 試乗記 フィアット500ツインエア スポーツプラス(FF/5MT)
    ……240万円

    250台の限定車「フィアット500ツインエア」の5段MTを箱根で試乗した。
ホームへ戻る