ザガート仕立ての「フィアット500」が登場【ジュネーブショー2011】

2011.03.08 自動車ニュース
「500クーペ ザガート」
ザガート仕立ての「フィアット500」が登場【ジュネーブショー2011】

【ジュネーブショー2011】ザガート仕立ての「フィアット500」が登場

伊フィアットは、2011年3月1日に開幕したジュネーブショーに、コンセプトカー「500クーペ ザガート」を出展した。


ザガート仕立ての「フィアット500」が登場【ジュネーブショー2011】

「500クーペ ザガート」は、フィアットのコンパクトカー「500」をベースに、同社のデザイン部門(チェントロ スティーレ)とイタリアのカロッツェリアである「ザガート」が協力してデザインしたコンセプトカーだ。

前後のバンパーまわりをはじめ、「ダブルハンプ」と呼ばれるこぶ状のルーフライン、リアクオーターウィンドウからCピラーにかけての造形は独自のものとされ、足元にはダブルスポークデザインの17インチ「クロームシャドーホイール」を採用。「フィアット500のシルエットを生かしつつ、一層強烈な魅力を与えた」(プレスリリース)という。
三層仕上げの明るいボディカラー(ポップイエロー)も、さらにその個性を強調する。

インテリアもまた、ハイテクファブリック素材とイエローのシャモア革を使ったコンビシートや、エコクローム仕上げのダッシュボード、ダークカラーのルーフライニングなどからなる、スポーティな仕立て。
パワーユニットは、同社が“スポーティなコンパクトカーにはもってこい”と評する、105psの875cc2気筒ターボユニット「ツインエア」だ。

そんな特別仕立てのチンクエチェントは、フィアットによれば、「若い活動的な男性がターゲットであるものの、スタイリングに工夫を凝らしたことで、女性ドライバーのニーズにも応えられるクルマ」とのことである。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • フィアット500Xポップスタープラス(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2015.11.19 試乗記 フィアットが初めて手がけた“Bセグメント”のクロスオーバーSUV「500X」。1.4リッターFFモデルに試乗してわかった、走りの特徴や乗り心地、燃費などを、項目ごとに詳しく報告する。
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
ホームへ戻る