【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1635mm/ホイールベース=2455mm/車重=810kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC12バルブ(52ps/7200rpm、6.1kgm/4000rpm)/価格=132万円(テスト車=134万1000円)

ダイハツ・ムーヴXリミテッド(FF/CVT)【ブリーフテスト】

質実剛健 2011.03.08 試乗記 ダイハツ・ムーヴXリミテッド(FF/CVT)
……134万1000円

総合評価……★★★

5代目となるダイハツの軽ワゴン「ムーヴ」に試乗。使い勝手から走りまで、その実力を確かめた。

ダイハツ・ムーヴX Limited(FF/CVT)【ブリーフテスト】

定番ならではの安心感

日本人の“アシ”として、すっかり定着した「ダイハツ・ムーヴ」。初代を見たときは、少し不細工なデザインに戸惑ったが、旧型の4代目からはすっかりあか抜けて、ワンモーションフォルムのハイトワゴンスタイルには親しみを感じるし、すっきりとしたインテリアデザインも嫌みがない。さらに、必要十分な走行性能とコンパクトカー顔負けの広い室内、そして、軽自動車ならではの低いランニングコストを手に入れたムーヴが、人気を集めるのは当然のことだろう。

プラットフォームだけでなくイメージまでも旧型から受け継ぐ5代目ムーブは、新鮮さには欠けるけれど、見方を変えれば、定番のスタイルとして定着したといえる。正直なところ面白みはないが、手軽な移動の道具として付き合うのであれば、いまや選択肢から外せない存在だろう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ムーヴの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 特集 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
ホームへ戻る