アルファのミドシップスポーツ、2012年発売【ジュネーブショー2011】

2011.03.07 自動車ニュース

【ジュネーブショー2011】アルファ・ロメオ、小型ミドシップスポーツを2012年に発売

伊フィアット・グループ・オートモービルズは、2011年3月1日に幕を開けたジュネーブショーで、小型ミドシップ2シータークーペのコンセプトモデル「アルファ・ロメオ4Cコンセプト」を発表した。

「4Cコンセプト」は、アルファ・ロメオブランドの価値観「パフォーマンス」「イタリアンスタイル」「すぐれた技術」を体現したという、コンパクトな「スーパーカー」(プレスリリース)だ。外観は「8Cコンペティツィオーネ/スパイダー」のデザインを随所に受け継いだ2シータークーペスタイル。全長は約4m、ホイールベースは2.4m以下と、非常にコンパクトなボディサイズとなっている。

そのミドに搭載されるのは「4C」の由来となる、1.75リッター「直列4気筒」ガソリン直噴ターボエンジンで、200psを超える最高出力を発生。乾式デュアルクラッチトランスミッション「アルファTCT」との組み合わせにより、後輪を駆動する。走行モードを任意に変更できる「アルファD.N.A.」も採用され、最高速度は250/km超、0-100km/h加速は5秒以下を記録するという。

ボディパネルにはカーボンとアルミニウムを多用することで、重量を軽減。パワーの増強ではなく軽量化によって、走りの楽しさの実現が図られた。車重は850kg以下と公表されており、そのパワー・トゥ・ウェイト・レシオは4kg/ps以下となる。サスペンション形式は、前ハイ・クアドリラテラル/後マクファーソンストラットを採用、前後40:60の重量配分とも相まって、最大限の俊敏性とすぐれたハンドリングを実現したとうたわれる。

この「アルファ・ロメオ4Cコンセプト」は、市販化を前提としており、2012年の発売を予定しているとのことだ。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。