スズキ、「スイフト S-CONCEPT」を発表【ジュネーブショー2011】

2011.03.04 自動車ニュース

【ジュネーブショー2011】スズキ、「スイフト S-CONCEPT」を発表

スズキは、2011年3月1日に幕を開けたジュネーブショーで、「スイフト」のスポーツモデルのコンセプトカー「スイフト S-CONCEPT(Sコンセプト)」を発表した。

「スイフト Sコンセプト」は、「スイフト」のスポーツモデル、すなわち次期「スイフトスポーツ」を示唆するコンセプトモデルだ。“モア スポーティ&エキサイティング!”をキーワードに、スポーティな雰囲気を高めるエアロパーツや大型リアスポイラー、18インチの大径アルミホイール&タイヤ、スポーツサスペンションなどが採用された。

スイフトは2004年に誕生し、2011年1月時点で全世界の累計販売台数が200万台を突破するなど、堅調な販売を維持している。そのスポーティなイメージをけん引しているスイフトスポーツは欧州各国でも販売されており、今回はショー開幕前から事前告知が展開されるなどファンの期待を集めていた。
しかし、残念ながら今回はスタイリングのお披露目のみで、搭載エンジンや発売時期についてのアナウンスは“見送り”とされた。

(webCG 曽宮)

「スイフト Sコンセプト」
「スイフト Sコンセプト」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る