「ダッジ・ナイトロ」の2011年モデル発売

2011.03.04 自動車ニュース

クライスラー、「ダッジ・ナイトロ」の2011年モデルを発売

クライスラー日本は、ダッジブランドのミッドサイズSUV「ナイトロ」の2011年モデルを、2011年3月5日に発売する。

2011年モデルでは、装備が一部簡略化され、価格が2010年モデルより17%引き下げられた。変更内容は、シート色がダークスレートグレー/ライトスレートグレーから、ダークスレートグレーに変わったほか、6連奏DVDプレーヤーがシングルDVDプレーヤーに変更された。またリアヘッドレストの形状が見直され、ルーフアンテナの形状も変更された。

ボディカラーには新色のブラックベリー、ブライトホワイト、ダークチャコールが追加された。

パワートレインは従来どおり、3.7リッターV6(最高出力205ps、最大トルク32kgm)+4段ATが搭載される。

「ナイトロSXT」の価格は、298万円。レザーシート、フロントシートヒーター、パワーガラスサンルーフ装着車は319万8000円。

(webCG 曽宮)

2011年モデル「ダッジ・ナイトロSXT」
2011年モデル「ダッジ・ナイトロSXT」

「ダッジ・ナイトロ」の2011年モデル発売の画像

「ダッジ・ナイトロ」の2011年モデル発売の画像
関連記事
  • ダッジ・キャリバー SXT(FF/CVT)【試乗記】 2007.6.15 試乗記 ダッジ・キャリバー SXT(FF/CVT)
    ……294.0万円

    「かわいいらしさとは無縁のクルマ」と自らを紹介するダッジ・キャリバー。日本への正規輸入が始まったマッチョなベーシックモデルに、沖縄で乗った。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • ダッジ・ナイトロSXT(4WD/4AT)【試乗記】 2007.8.6 試乗記 ダッジ・ナイトロSXT(4WD/4AT)
    ……361万2000円

    ゴツいボディと、大きな十字を付けたグリルが印象的な「ダッジ・ナイトロ」。日本(再)上陸を果たしたアメリカンブランドの注目モデルである。3.7リッターV6+4ATのミドルSUVはどうなのか?
  • ダッジ・キャリバー SXT(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2007.12.5 試乗記 ……331万1400円
    総合評価……★★★

    2007年夏、アメリカから上陸した「ダッジ」ブランド。SUV調な外観を纏い、もっとも日本の環境にマッチしそうなコンパクトモデル「キャリバー」に試乗した。
  • 「キャデラックATS」にシルバーの特別仕様車が登場 2017.5.18 自動車ニュース 「キャデラックATSセダン」に特別仕様車「シルバームーンライトエディション」が登場。専用ボディーカラーの「シルバームーンライトメタリック」が特徴で、電動スライディングルーフやブラッシュドアルミナムトリムなどが特別装備される。
  • 「キャデラックCTS」が一部改良、シルバーの限定モデルも 2017.5.18 自動車ニュース GMジャパンが、一部改良を受けた「キャデラックCTS」を5月20日に発売。新しい意匠のグリルと新装備のリアカメラミラーが特徴で、価格は745万円となっている。シルバーの外装色が特徴の限定車「シルバームーンライトエディション」も同時に発売される。
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(前編) 2017.5.4 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「スマートBRABUSフォーツー」に試乗する。全長わずか2.8mという小さなボディーがもたらすコンパクトな走りは、谷口の目にどう映ったか?
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
ホームへ戻る