【スペック】全長×全幅×全高=4910×1860×1470mm/ホイールベース=2970mm/車重=1920kg/駆動方式=FR/4.4リッターV8DOHC32バルブターボ(520ps/5500rpm、72.9kgm/3000-4750rpm)/価格=1495万円(テスト車=1717万1000円)

アルピナB5ビターボ リムジン(FR/8AT)【試乗記】

大人のスーパーセダン 2011.03.04 試乗記 アルピナB5ビターボ リムジン(FR/8AT)
……1717万1000円

最新の「BMW5シリーズ(F10)」をベースに、さらにパフォーマンスを高めたという「アルピナB5ビターボ」。その実力や、いかに?

値段に見合う華やかさ

「アルピナB5ビターボ リムジン」のドアをあけたとたん「しまった!」と思った。ちょっと居心地が悪い。赤みが強いウッドパネルに合わせた、洒落たブラウンの革シート。透過式のブルーのメーター。やはり青でステッチが入れられた革巻きハンドルは、握り心地がしっとりしている。バイエルンの華やかさを体現したようなインテリアに囲まれて、「今日、ユニクロのフリースでよかったんでしょうか?」とひとり恐縮する。

ただでさえ速い「BMW550i」の4.4リッターV8ツインターボを、407psから520psにまでチューンしたアルピナB5ビターボ。車両本体価格1495万円からと、550iより400万円ほどお高い。しかしそんな情報を知らなくとも、裕福なオーナーを納得させ、懐の寂しいライターを萎縮させるに十分豪華な内装である。BMWのインテリア自体、クールなアウディと比較するとずっとアクティブな印象を与えるものだが、アルピナのそれは、さらに目の前がパッと明るくなるような優雅さにあふれている。

ちなみに、この日の試乗車は右ハンドル仕様だったが、これは39万7000円のオプションだそう。追加装備を選んでいくと、すぐに軽自動車を超える金額になってしまうのは、このクラスのクルマではよくあること。むしろお金に頓着せず自分色に染めるくらいでないと「買う意味がない」といえるのかもしれない。アルピナのラインが入ったスペシャルペイントは、ブルー、グリーンとも、プラス55万円となっている。

 
アルピナB5ビターボ リムジン(FR/8AT)【試乗記】の画像
シート表皮は本革張り。テスト車にはオプションのパイピングが施されている。
シート表皮は本革張り。テスト車にはオプションのパイピングが施されている。
ホイールは標準で20インチを履く。タイヤサイズは、フロント:255/35ZR20、リア:285/30ZR20だ。
ホイールは標準で20インチを履く。タイヤサイズは、フロント:255/35ZR20、リア:285/30ZR20だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

B5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その10) 2017.3.9 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。BMWは新型「5シリーズ」のワゴンバリエーション「5シリーズ ツーリング」を世界初公開。BMWアルピナは「B5ビターボ」を披露した。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • アルピナB3ビターボ リムジン(FR/8AT)【試乗記】 2013.10.21 試乗記 アルピナの新型「B3ビターボ」が、日本上陸を果たした。“至高の作品”とうたわれる、ハイパフォーマンスセダンの実力とは……?
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
ホームへ戻る