【スペック】全長×全幅×全高=5015×1910×1930mm/ホイールベース=3200mm/車重=2250kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(258ps/5900rpm、34.7kgm/2500-5000rpm)/価格=637万円(テスト車=683万8000円/デュアルガラススライディングルーフ=29万4000円/ユーティリティパッケージ=9万円/メタリックペイント=8万4000円)

メルセデス・ベンツV350アンビエンテ ロング(FR/5AT)【試乗記】

デカさが魅力!? 2011.03.03 試乗記 メルセデス・ベンツV350アンビエンテ ロング(FR/5AT)
…… 683万8000円

内外装のデザイン変更やサスペンションの見直しにより、高級感と快適性の向上が図られた「Vクラス」。その乗り味を探るべく、全長5m超の「ロング」を試乗に連れ出した。

サイズに圧倒される

全長5015mm×全幅1910mm×全高1930mmの「Vクラス」。数字だけでも凄いが、実物を目の当たりにすると、あらためてその大きさに圧倒される。そもそもデカイうえに四角いから、数字以上に大きく見えるのだろう。果たして、自宅の狭い駐車場に収まるのか? のっけからちょっぴり不安になる。

2011年1月21日に日本で発売された新型Vクラスは、新型といってもフルモデルチェンジではなく、ビッグマイナーチェンジが施された進化型だ。内外装のリニューアルに加えて、サスペンションのチューニングなどにより、快適性の向上を図った、というのがメーカーのうたい文句である。

ラインナップは、「V350トレンド」(449万円)、「V350アンビエンテ」(617万円)、「V350アンビエンテ ロング」(637万円)の3モデルで、3.5リッターV6エンジンと5段オートマチックの組み合わせはすべて共通。高級モデルのV350アンビエンテとV350アンビエンテ ロングには、セルフレベリング付リアサスペンションが装着される。このなかから、今回は標準モデルに比べてリアオーバーハングが245mm長いV350アンビエンテ ロングを試乗に連れ出した。なるほど、デカイわけだ。

ステアリングホイールやアクセル&ブレーキペダルなどの操作系は、国産ミニバンと比べるとやや重めに感じられる。
ステアリングホイールやアクセル&ブレーキペダルなどの操作系は、国産ミニバンと比べるとやや重めに感じられる。
ボディカラーは、ソリッド系6色、メタリック系6色の計12色設定される。撮影車は、メタリックのオブシディアンブラック。
ボディカラーは、ソリッド系6色、メタリック系6色の計12色設定される。撮影車は、メタリックのオブシディアンブラック。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Vクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る