“7人乗りのプリウス”日本でも発売【ジュネーブショー2011】

2011.03.02 自動車ニュース

【ジュネーブショー2011】“7人乗りのプリウス”日本でも発売

トヨタ自動車は、2011年3月1日に開幕したジュネーブショーに、新型車「プリウス+(プラス)」を出展した。

トヨタの「プリウス+」は、いわば、7人乗れる“プリウスのミニバン版”。
今年1月にデトロイトショーで公開されたプリウスのワゴンバージョン「プリウスv(ブイ)」をベースに、シートを3列仕様に改め、乗車定員を5人から7人に増やしたモデルである。

全長×全幅×全高=4615×1775×1575mm、ホイールベース=2780mmのボディは、基本的に「プリウスv」と共通。
1.8リッターガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせるパワーユニットも同じだが、バッテリーはこれまでのニッケル水素バッテリーからリチウムイオンバッテリーへと変更されている。

そんな「プリウス+」は、5人乗りの「プリウスv」とそろって2011年4月下旬に日本国内でも発売される見通しだ。

(webCG 関)

「トヨタ・プリウス+」
「トヨタ・プリウス+」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)/カムリG(FF/CVT)【試乗記】 2017.7.27 試乗記 世界100カ国以上で販売されているトヨタ伝統のセダン「カムリ」がフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームや新開発エンジンを投入し「ゼロからすべてを見直した」という10代目の走り、そして乗り心地を報告する。
  • 「トヨタ・シエンタ」に内装をおしゃれに飾った特別仕様車 2017.8.1 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年8月1日、コンパクトミニバン「シエンタ」に特別仕様車「G Cuero(クエロ)」を設定し、販売を開始した。「G」グレードをベースに合成皮革と上級ファブリックを組み合わせたシート表皮を採用するなど、おしゃれな室内空間が演出されている。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
ホームへ戻る