「FT-86」市販化へ一歩前進【ジュネーブショー2011】

2011.03.02 自動車ニュース

【ジュネーブショー2011】「FT-86」市販化へ一歩前進

トヨタ自動車は、2011年3月1日に開幕したジュネーブショーに、FRスポーツ車のコンセプトモデル「FT-86 II コンセプト」を出展した。

トヨタの「FT-86 II コンセプト」は、同社がスバルと共同開発しているFRスポーツ車のコンセプトモデルだ。

同コンセプトが初めて紹介されたのは、2009年の東京モーターショー。それから約1年半を経た今回は、車名に「II」とあるとおり、より市販型に近いプロトタイプの展示となる。

ボディサイズ(全長×全幅×全高=4235×1795×1270mm、ホイールベース=2570mm)やエンジンの排気量(2リッター水平対向4気筒)以外、明らかになっている数値は少ないものの、トヨタは、自社のFRスポーツ車に関するこれまでの技術と、スバルの個性的な水平対向エンジンを組み合わせ、運転する楽しさや所有する喜びを提案したいとしている。

(webCG 関)

「FT-86 II コンセプト」
「FT-86 II コンセプト」

「FT-86」市販化へ一歩前進【ジュネーブショー2011】の画像

「FT-86」市販化へ一歩前進【ジュネーブショー2011】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

86の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
ホームへ戻る