【スペック】全長×全幅×全高=3000×1680×1500mm/ホイールベース=2000mm/車重=950kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4DOHC16バルブ(94ps/6000rpm、12.0kgm/4400rpm)/価格=173万円(テスト車=176万5700円/ディスチャージヘッドランプ+コンライト=5万5650円/オーディオレス=-1万9950円)

トヨタiQ 130G →(ゴー)レザーパッケージ(FF/CVT)【試乗記】

iQゴーでGO! 2011.03.02 試乗記 トヨタiQ 130G →(ゴー)レザーパッケージ(FF/CVT)
……176万5700円
「iQ」に追加されたスポーティグレード「→(ゴー)」。CVT仕様とマニア向け(?)MT仕様の、走りの違いをたしかめた。

“幻のiQ”復活?

最近のトヨタはエコカーの一方でちょっとおもしろいことをする。「ノア/ヴォクシー」に走りを磨いた“G SPORTS”バージョンを加えたり、日本ではずっと売ってこなかった「FJクルーザー」の販売を始めたりして、クルマ好きの虫をこちょこちょとくすぐるのである。昨2010年の夏に「iQ」に加わった「→」(“ゴー”と発音する)という新グレードにも、その“くすぐり”がちょっとあるように思う。

「→(ゴー)」とは平たく言ってしまえばスポーツパッケージ装着車である。フォグランプが装着された専用のフロントバンパーが与えられて顔つきが変わっているほか、リアバンパー下にはディフューザーが与えられ、全体的な見た目がちょっとたくましくなっている。標準型の「iQ」だとドラム式になるリアブレーキがディスクに格上げされるのもけっこう大きなポイントだ。

さらに、これこそが「→(ゴー)」バージョンの見どころなのだが、6段MTを搭載する「130G MT→(ゴー)」というモデルが昨年秋、ワンテンポ遅れてラインナップに加わった。MT仕様の「iQ」といえば、かつて100台だけ限定販売された「iQ GRMN」が思い出される。この「iQ GRMN」とは、そのままサーキットに持ち込んでも楽しめてしまうスポーティな仕様で、発売からわずか1週間で完売となってしまった“幻のiQ”のことである。
以前、この「iQ GRMN」に富士のショートサーキットで乗せてもらったことがあるが、その走りはこの小さなボディに似つかわしくないほど堂々たるものだった。「130G MT→(ゴー)」はその再来か? と期待はふくらむばかりだ。

「→(ゴー)」のインテリアは、赤いステッチ入りの本革巻きスポーツステアリングホイールや、高輝度シルバー加飾のセンタークラスター、ブラックのメーターバイザーなどを装備し、スポーティな演出がされている。
写真のHDDナビゲーションシステムは、ディーラーオプション(20万7900円)。
「→(ゴー)」のインテリアは、赤いステッチ入りの本革巻きスポーツステアリングホイールや、高輝度シルバー加飾のセンタークラスター、ブラックのメーターバイザーなどを装備し、スポーティな演出がされている。写真のHDDナビゲーションシステムは、ディーラーオプション(20万7900円)。
トヨタiQ 130G →(ゴー)レザーパッケージ(FF/CVT)【試乗記】の画像
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • トヨタ・オーリス ハイブリッド“Gパッケージ”(FF/CVT)【レビュー】 2016.5.11 試乗記 日本市場ではこれがないと始まらない? トヨタのCセグメントハッチバック車「オーリス」にハイブリッドモデルが登場。JC08モード計測で30.4km/リッターという燃費を実現する、新たな最上級グレードの出来栄えを報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
ホームへ戻る