【スペック】508:全長×全幅×全高=4792×1853×1456mm/ホイールベース=2817mm/車重=1400kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-4000rpm)/(欧州仕様車)

プジョー508(FF/6MT)/508SW(FF/6MT)【海外試乗記】

新しいプジョーの顔 2011.03.01 試乗記 プジョー508(FF/6MT)/508SW(FF/6MT)

次世代のプジョーデザインを取り入れ登場した「508」。「407」よりもひと回り大きくなった新型は、どんな走りを見せるのか。

「408」との違いは?

2010年秋のパリサロンで発表された「プジョー508」は、「407」の後継車である。同じクラスなのに400番台から500番台に移行したのはこれが初めてではなく、1960年代の「404」から「504」への進化に先例がある。
しかし今回は、すでに「408」というクルマも存在している。408もまた、407の後継車だ。もっとも中身や仕向地は違う。508の主要マーケットは欧州や日本といった先進国で、407と同じ「プラットフォーム3」を使うのに対し、408は中国やブラジルなどの新興国向けとして、「プラットフォーム2」の「308」をベースに開発された。

それだけ新興国需要が増えているということなのだろう。なかでも中国は特別扱いで、世界中で唯一、408と508の両方が売られるという。

508は顔つきも407や408とは違っていて、グリルの位置が上がり、ヘッドランプの吊り目はやや控えめになった。1年前、プジョー社創立200周年を記念して発表されたコンセプトカー「SR1」に似たフロントマスクだ。SR1で提示された次世代のプジョーデザインを、初めて採用した市販車なのである。

その508の国際試乗会が、地中海に面したスペインの港町、アリカンテ周辺で行われた。南欧らしい澄みきった青空の下で対面した実車は、その顔つきよりもプロポーションそのものが印象的だった。

7つのLEDで構成される「LED照明チューブ」は、「508」のスタイリング上のポイント。
7つのLEDで構成される「LED照明チューブ」は、「508」のスタイリング上のポイント。
 
プジョー508(FF/6MT)/508SW(FF/6MT)【海外試乗記】の画像
セダンのテールランプは、3列に並んだLEDが赤いクラスターでおおわれ、まさに(ライオンの)“爪”を表したようなデザインとなっている。
セダンのテールランプは、3列に並んだLEDが赤いクラスターでおおわれ、まさに(ライオンの)“爪”を表したようなデザインとなっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

508の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.25 試乗記 2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された、プジョーのフラッグシップワゴン「508SW GT BlueHDi」に試乗。「GT(グランドツアラー)」の称号が与えられた新グレードの乗り味やいかに?
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
ホームへ戻る