ホンダ、アコードシリーズをマイナーチェンジ

2011.02.28 自動車ニュース

「ホンダ・アコード/アコードツアラー」がマイナーチェンジ

本田技研工業は、スポーティセダン「アコード」とツーリングワゴン「アコードツアラー」をマイナーチェンジし、2011年2月24日に販売を開始した。

今回のマイナーチェンジでは、内外装の変更のほか、2リッターエンジンの採用や新グレードの設定などが行われた。

新たに設定された「20TL」は、2リッターエンジンを搭載するベーシックグレードだ。2.4リッターのみだったエンジンラインナップに加わった2リッターSOHC16バルブのi-VTECエンジンは、最高出力156ps/6300rpmと最大トルク19.3kgm/4300rpmを発生。レギュラーガソリンに対応し、カタログ燃費(10・15モード)は14.4km/リッターを記録する。
フロントグリルやバンパー、ヘッドライトには新たな意匠を採用。インテリアはインパネを中心に黒基調にメタリック装飾を施し、質感を向上させたとうたわれる。

一方、2.4リッターモデルはグレード体系を見直し、上級装備が与えられた新グレード「Type-S」一本にまとめられた。
「Type-S」は、専用のフロントグリルのほか、フロントスポイラー、サイドシルガーニッシュなどでロー&ワイドな印象を強調。インテリアは黒基調に赤いステッチなどのアクセントを利かせたスポーティなものとされた。
さらに専用セッティングのサスペンションや17インチに大型化したフロントブレーキディスクを付与。自動的にハイ/ロービームを切り替えるハイビームサポートシステム付きの、ディスチャージヘッドライトも装備される。

ボディカラーはアコード/アコードツアラーともに、新色のグラファイトラスター・メタリックを含めた全5色。価格はアコードが249万8000円から390万2500円、アコードツアラーが274万8000円から412万2500円まで。

(webCG 本諏訪)

「アコード20TL」
「アコード20TL」 拡大
「アコードツアラーType-S」
「アコードツアラーType-S」 拡大
「Type-S」のインパネ。
「Type-S」のインパネ。 拡大

関連キーワード:
アコードアコードツアラーホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2015.4.15 試乗記 10年ぶりに登場した新型「ホンダ・レジェンド」に試乗。ホンダの誇る最高級セダンの実力を確かめるとともに、その課題を探った。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
  • ホンダ、最上級セダン「レジェンド」をマイナーチェンジ 2018.2.8 自動車ニュース ホンダが最上級セダン「レジェンド」をマイナーチェンジ。運転支援システムに、渋滞時のドライバーの負担を軽減する新機能「トラフィックジャムアシスト」を採用した。ボディーやシャシーに改良を施すことで、運動性能や乗り心地の改善も図っている。
ホームへ戻る