第182回:「日産ジュークの春」イタリアに到来!

2011.02.26 エッセイ

第182回:「日産ジュークの春」イタリアに到来!

「ジュリエッタ」より見かける新型車とは?

最近、イタリアやフランスの路上で見かける機会が多くなったクルマのひとつが「日産ジューク」である。こちらでの販売開始は2010年秋だから、登場まだ僅かにもかかわらず、といってよい。

実際のところどうなのか、手元にあるイタリアの2010年12月国内登録台数を見てみた。するとどうだ、「ジューク」は1114台で、「SUV&オフロードカー」カテゴリーの2位にランクインしている。数カ月前に発売されたCセグメントの「アルファ・ロメオ ジュリエッタ」(1206台)とほぼ同レベルで売れていることになる。
ジュリエッタより見かける頻度が高い感じを受けるのは、ジュークのホディスタイルが派手だからであろう。欧州全体のセールスでも、2010年は前述のように数カ月しかなかったにもかかわらず、2万2291台を記録している。

ボクは引き続き路上を走るジュークを観察することにした。なぜなら、発売直後のモデルは販売店が登録して、試乗車や社員用に使っている車両が多いからである。そうしたクルマは『NISSAN JUKE』などというカッティングシート文字がボディサイドに貼ってあって一目でわかる。何も書いていない場合でも、クルマ屋さんらしい服装をした人が、それらしいエリアでそれらしい時間帯に1人で乗っているからすぐにわかる。しかし街を走る大半のジュークは、明らかに個人の所有車である。

あらためて統計を見ると、前述のイタリア「SUV&オフロードカー」クラスの登録台数1位は、同じ日産の「キャシュカイ(日本名:デュアリス)」で1737台である。欧州レベルでみても日産の販売台数は、2010年に前年比で11%もプラスに転じている。他メーカーが軒並みマイナスやひと桁台のプラスにとどまっているのと対照的だ。
またフランスの2011年1月19日から25日の販売台数では、前年比でなんと30%のプラスを記録している。ジュークとキャシュカイのコンビが貢献していることは間違いない。

モンタルチーノのワイナリーにたたずむ「ジューク」。
モンタルチーノのワイナリーにたたずむ「ジューク」。
筆者が住むシエナの街角で。
筆者が住むシエナの街角で。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。