【スペック】全長×全幅×全高=4445×1770×1545mm/ホイールベース=2700mm/車重=1520kg/駆動方式=FF/交流同期モーター(109ps/2730-9800rpm、28.6kgm/0-2730rpm)/航続距離=200km(JC08モード)/価格=406万350円(テスト車=413万5950円/特別塗装色(アクアブルー)=4万2000円/寒冷地仕様I=3万3600円)

日産リーフ G(FF)【試乗記】

目指すは“完全な普通” 2011.02.25 試乗記 日産リーフ G(FF)
……413万5950円

日産の電気自動車「リーフ」に試乗。走りから乗り心地、そして気になる充電まで、使ってわかった最新EVの実力をリポートする。

不安と期待のニューモデル

電気自動車は不便だ。そこに充電器があるからといって、必ずしもすぐにバッテリーをチャージできるわけではない。

日産の電気自動車「リーフ」で東名高速道路海老名サービスエリアに到着したのは、ちょうどお昼どきだった。取材スタッフのおなかもすいていたが、リーフのリチウムイオンバッテリーも、残量計の10ある白い目盛りのうち、残り2つにまで減っていた。スタート時127km(ECOモードで140km)だった航続可能距離は、いまは60kmと表示されている。あわてなければいけない距離ではないのだが、そこはなじみのない電気自動車である。早め早めの充電をしないではいられない。
ちなみに、満充電時の航続距離は、計測方法によって異なるため、日本では200km、北米では160km、欧州では175kmとされる。

走行中は、たとえそれが比較的人の多い街なかでも、ほとんど人目をひくことがなかったリーフだが、ノーズの蓋を開け、サービスエリアにただひとつ設置された急速充電器から太いコードをひっぱってきて充電ポートとつなげると、にわかに人が集まってきた。クルマ離れが叫ばれて久しい日本ではあるが、底知れぬ平成大不況のなか、ランニングコストが安い(といわれる)電気自動車には、すくなからぬ人が興味を示す。「どのくらいかかるの?」との声がかかる。

「急速充電なら20〜30分で済みます」「1回の充電費用はスタンドによって違うみたいですが、いまは補助金が出ているのでせいぜい100円程度です」「家庭に200Vの電源があれば、約8時間」「クルマのお値段は376万4250円からですが、2010年度EV補助金制度を利用すると、最大78万円引きの298万4250円になります」などとしたり顔で答えるのだが、肝心のバッテリーチャージがさっぱり始まらない。急速充電器のディスプレイを見ると「専用のカードが必要です」とのこと!
うーむ……。

おむすび型の計器盤には、右に「航続可能距離」が、左に「リチウムイオンバッテリーの温度」が表示される。上方に見える数珠(じゅず)状のグラフは、モーターの駆動および回生を示すパワーメーター。
日産リーフ G(FF/1AT)【短評】
東名高速道路海老名サービスエリアにて。建物正面の「電気自動車用急速充電器」を使ってバッテリーチャージを試みる。
日産リーフ G(FF/1AT)【短評】
車体正面にある、給油口ならぬ充電口。向かって右が家庭用の「普通充電ポート」で、左が「急速充電ポート」だ。前者を使えば空から満タンまでに8時間、後者なら空から80%充電までに30分を要する。
日産リーフ G(FF/1AT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

リーフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る