三菱、コンパクトミニバン「デリカD:2」を発表

2011.02.24 自動車ニュース

三菱、コンパクトミニバン「デリカD:2」を発表

三菱自動車は2011年2月24日、コンパクトミニバン「デリカD:2」を発表した。3月10日に発売する。

「デリカD:2」はスズキからOEM供給されるモデルで、ベースとなるのは「スズキ・ソリオ」。三菱は、コンパクトカーとしては「コルト」があるだけで、ミニバンは軽自動車の「タウンボックス」、ラージサイズの「デリカD:5」のみのラインナップ。この間を埋める、“コンパクト+ミニバン”モデルとして「デリカD:2」の投入が図られたわけである。

同社のワンボックスミニバンの代名詞ともいえる「デリカ」を冠し、軽自動車、コンパクトカーと下から数えて2番目のカテゴリーとなることで「D:2」の名が与えられた。

搭載するエンジンは1.2リッターDOHCの自然吸気エンジン(91ps、12.0kgm)で、副変速機付CVTが組み合わされる。前マクファーソンストラット/後I.T.Lというサスペンション形式から、両側リアスライドドアや豊富な収納などまで、すべてソリオのそれを受け継ぐ内容。「デリカD:2」のオリジナリティは、フロントグリルとホイールキャップ、ハッチゲート、ステアリングホイールに備わる“スリーダイヤモンド”と車名のオーナメントのみである。

グレードは「G」「X」「S」の3種で、上級の「X」「S」には4WD車も用意される。価格は139万3000円から177万9000円。月間の販売目標台数は800台に設定された。

(webCG 本諏訪)


三菱、コンパクトミニバン「デリカD:2」を発表の画像

三菱、コンパクトミニバン「デリカD:2」を発表の画像
リアドアは両側スライド式を採用。「G」「X」は左側、「S」は両側を電動で開閉できる。
リアドアは両側スライド式を採用。「G」「X」は左側、「S」は両側を電動で開閉できる。
カタログ燃費(10・15モード)は、FF車の「G」が22.5km/リッター、「X」「S」が21.0km/リッターとなる。
カタログ燃費(10・15モード)は、FF車の「G」が22.5km/リッター、「X」「S」が21.0km/リッターとなる。

三菱、コンパクトミニバン「デリカD:2」を発表の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱デリカD:2 S(FF/CVT)【試乗記】 2011.4.5 試乗記 三菱デリカD:2 S(FF/CVT)
    ……165万6000円

    ミニバン「デリカ」シリーズのエントリーモデル「D:2」に試乗。兄弟車「スズキ・ソリオ」と乗り比べ、その違いを探ってみた。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
ホームへ戻る