新型アストン「ヴィラージュ」登場【ジュネーブショー2011】

2011.02.24 自動車ニュース

【ジュネーブショー2011】新型アストン「ヴィラージュ」登場

英アストン・マーティンは2011年2月23日、新型スポーツカー「ヴィラージュ」を発表。同年3月1日に開幕するジュネーブショーに出展する。

1988年から1995年にかけ、アストン・マーティンが生産したラクシャリークーペ「ヴィラージュ」の名が復活する。

新型「ヴィラージュ」は、ブランドを代表するラクシャリースポーツの「DB9」と、究極のスポーツモデルをうたう「DBS」との間に位置するクルマで、DBSのスポーツ性とDB9の洗練性・快適性を併せ持つという。

ボディは、いまやおなじみのアルミスペース構造「VHアーキテクチャ」を採用。そのノーズには6リッターV12エンジンが収まる。エンジンパワーはDB9(450ps)を上回る497psを発生し、6段オートマチック「タッチトロニックII」を介して後輪を駆動。リアディファレンシャルにトランスミッションを組み込むトランスアクスルを採用することで、50:50の前後重量バランスを実現する。

サスペンションには、新開発の可変ダンピングシステム「ADS(アダプティブダンピングシステム)」を搭載。ノーマルモードで5段階、スポーツモードならさらにハードな5段階の減衰力を選ぶことができる。カーボンセラミックブレーキは標準で装着される。

外観は、アストン・マーティンのアイコンであるサイドストレーキにLED式のサイドマーカーを組み込むことで個性を主張する。ヴィラージュにはクーペとオープンモデルの「ヴォランテ」が用意され、DBS、DB9にこのヴィラージュが加わることで、アストン・マーティンのスポーツGTラインアップが完成する。

なお、ヴィラージュの販売は2011年2月23日から、世界41カ国でスタート。価格はジュネーブショーで発表される。

(文=生方聡)

「アストン・マーティン ヴィラージュ」
「アストンマーティン・ヴィラージュ」の名が復活【ジュネーブショー2011】
 
「アストンマーティン・ヴィラージュ」の名が復活【ジュネーブショー2011】
 
「アストンマーティン・ヴィラージュ」の名が復活【ジュネーブショー2011】
「アストン・マーティン ヴィラージュ ヴォランテ」
「アストンマーティン・ヴィラージュ」の名が復活【ジュネーブショー2011】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィラージュの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る